メインメニューを開く

加藤 圭(かとう けい、1991年8月18日[1] - )は、日本将棋連盟所属の女流棋士女流棋士番号は64[2]茨城県日立市出身[1]加瀬純一・七段門下[1]川村学園女子大学卒業(心理学専攻)[3]、同学大学院心理学専攻修了[1]

 加藤圭 女流1級
加藤圭女流1級。2019年10月19日、棋士会みやぎ将棋フェスティバルにて。
名前 加藤圭
生年月日 (1991-08-18) 1991年8月18日(28歳)
プロ入り年月日 2018年6月21日(26歳)
棋士番号 64
出身地 茨城県日立市
師匠 加瀬純一・七段
段位 女流1級
戦績
2019年10月15日現在
テンプレートを表示

棋歴編集

女流棋士になるまで編集

小学4年生のとき(2001年度)、家にあった将棋入門書をたまたま読んで将棋を始め、将棋ゲームソフトやインターネットで将棋を指すことに熱中した[3]。しかし、1年ほどで将棋ゲームソフトのレベルが四段に上がると熱が冷め、将棋から離れた[3]

臨床心理士の資格を取得してスクールカウンセラーの職に就くことを志望していた加藤は、川村学園女子大学(心理学専攻)を卒業し、2014年4月に同学大学院心理学専攻に進学した(臨床心理士試験試験は、大学院修了が受験要件[3][3]。同年、第72期[4]名人戦七番勝負(森内俊之名人に羽生善治が挑戦し、羽生が名人を奪取)のインターネット中継を偶然に見た加藤は、将棋熱が一気に再燃した[3]。小学4年から1年間、将棋ゲームソフトで遊んだだけで、それから12年ほどを将棋と無縁に過ごした加藤であるが、第4局で羽生が指した「4一金」が最終的に勝利の一手になったことを一目で理解できたという[3]。加藤は、将棋倶楽部24で毎日ネット将棋を指すようになり、心理学の勉強が片手間になるほど熱中した[3]

ネット将棋しか指したことのなかった加藤は、将棋大会への出場を思い立った[5]。はじめて出場した[5]、2015年9月13日の第47期女流アマ名人戦で3位に入賞し[6]、加藤のことを全く知らない大会関係者は「あれは誰?」と驚いたという[5]。11月8日には、第8回女子アマ王位戦・関東大会で準優勝した[7]

女流アマ名人戦で好成績を修めたことをきっかけに、加藤は、同じ振飛車党である加瀬純一・七段(のちの師匠)の主宰する将棋教室に通って腕を磨いた[5]。2016年3月に大学院を修了した加藤は、女流棋士という職業を強く意識するようになった[5]。当時の規定では、女流棋士になるには満25歳までに研修会に入会せねばならず、加藤は既に24歳であった[5]。加藤は、同年の10月-11月に行われる臨床心理士試験を受験するのを諦め[5]、加瀬純一・七段門下として[5]、同年8月[5]関東研修会D1に入会した[1]。加藤は、学童保育の契約社員として働きながら研修会に通った[5][8][9][10]

2017年10月8日、関東研修会の10月第1例会で3連勝し、直近11局で9勝2敗となり、C1に昇級して「女流3級」となる権利を得た。その後もしばらく研修会で指し続けたが、資格申請を以て2018年2月1日付で女流3級となった[1]。これより2年以内に女流2級に昇級すると正式に女流棋士と認定される。

2018年6月21日、第4回YAMADA女流チャレンジ杯1回戦で中村桃子[11]、2回戦で小高佐季子にそれぞれ勝ち[11]、続く3回戦で飯野愛を破ってベスト4入りを決め[11]、女流2級への昇級規定「YAMADA女流チャレンジ杯ベスト4」を満たして同日付で女流2級に昇級し[12]、正式な女流棋士になると同時に女流棋士番号「64」を付与された[2]

女流プロ入り後編集

2019年10月11日、第31期女流王位戦予選で上田初美に勝利して「女流王位戦予選決勝進出」の規定を満たし、女流1級に昇級した[13]

棋風編集

振り飛車党[1]

先手番・後手番、どちらでも中飛車で戦う[14]

人物編集

  • 趣味は読書[1]

昇段・昇級履歴編集

  • 2016年8月 関東研修会入会(D1)
  • 2017年10月8日 関東研修会C1昇級
  • 2018年2月1日 女流3級
  • 2018年6月21日 女流2級(YAMADA女流チャレンジ杯ベスト4)
  • 2019年10月11日 女流1級(女流王位戦予選決勝進出)

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 加藤圭研修会員が女流棋士3級に”. 日本将棋連盟 (2018年2月1日). 2019年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年2月1日閲覧。
  2. ^ a b 加藤圭|棋士データベース」『日本将棋連盟』。2018年6月21日閲覧。, オリジナルの2018-6-21時点によるアーカイブ。
  3. ^ a b c d e f g h 加藤圭さん<1>臨床心理士の夢がぐらついた思い出の名人戦|喜怒哀楽のサラリーマン時代” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 日刊ゲンダイ (2018年10月16日). 2018年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月21日閲覧。
  4. ^ 第72期名人戦・順位戦 七番勝負”. 日本将棋連盟. 2019年10月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j 加藤圭さん<2>女流棋士を目指しつつ学童の契約社員に応募|喜怒哀楽のサラリーマン時代” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 日刊ゲンダイ (2018年10月17日). 2018年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月21日閲覧。
  6. ^ SRJ・栄光ゼミナール杯第47期女流アマ名人戦【開催報告】”. 日本将棋連盟 (2015年9月29日). 2018年2月1日閲覧。
  7. ^ 11/8(日) 第8回女子アマ王位戦・関東大会の模様”. LPSA (2015年12月4日). 2018年2月1日閲覧。
  8. ^ 加藤圭さん<3>発達障害の子供に噛まれたときは驚きました|喜怒哀楽のサラリーマン時代” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 日刊ゲンダイ (2018年10月18日). 2019年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月5日閲覧。
  9. ^ 加藤圭さん将棋があったから上司の忠告も聞き流せた|喜怒哀楽のサラリーマン時代” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 日刊ゲンダイ (2018年10月19日). 2019年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月21日閲覧。
  10. ^ 女流棋士加藤圭さん<5>学童での経験が棋士活動に役立った|喜怒哀楽のサラリーマン時代” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 日刊ゲンダイ (2018年10月20日). 2018年10月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月5日閲覧。
  11. ^ a b c 加藤女流3級がベスト4 YAMADA女流杯”. 日本将棋連盟. 2018年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月21日閲覧。
  12. ^ 加藤圭女流3級が女流2級に」『日本将棋連盟』、2018年6月21日。2018年6月21日閲覧。, オリジナルの2018-6-21時点によるアーカイブ。
  13. ^ 加藤圭女流2級が女流1級に昇級|将棋ニュース” (日本語). 日本将棋連盟. 2019年10月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月21日閲覧。
  14. ^ 大川慎太郎「公式棋戦の動き - 第4回YAMADA女流チャレンジ杯」、『将棋世界』(2018年9月号)、日本将棋連盟 pp. 167-177

関連項目編集

外部リンク編集