メインメニューを開く

加藤 好文(かとう よしふみ、1951年11月25日 -)は、日本の実業家京阪ホールディングス代表取締役社長 CEOCOOを経て、同社代表取締役会長 CEO兼取締役会議長京阪電気鉄道代表取締役会長京都市出身。

入社以来、鉄道の現場を直接担当することなく、経理人事などの管理畑や流通事業部門を歩む。この経験が、2002年に京阪が発表した経営再建計画策定の担当部長としての参画や、1990年代以降の通勤客の減少を訪日外国人観光客の利用促進と小売・不動産など京阪グループの非鉄道事業で補う経営戦略に生きている。京阪と阪神電気鉄道との経営統合交渉にも携わった。阪神は京阪でなく阪急電鉄と統合したが、この折の詳細は「墓場まで持って行く話」としている。住吉大社(大阪市)への参拝を習慣としている[1]

来歴編集

出典・脚注編集

  1. ^ 【リーダーの肖像】京阪ホールディングス社長・加藤好文氏「非鉄道」視点で改革断行/流通・不動産 成長の両輪『日経産業新聞』2018年7月24日(総合面)
  2. ^ 代表取締役の異動に関するお知らせ 京阪ホールディングス

参考記事編集


先代:
上田成之助
京阪ホールディングス(旧京阪電気鉄道)社長
2011年 - 2019年
次代:
石丸昌宏
先代:
(設立)
京阪電気鉄道社長
2016年 - 2017年
次代:
中野道夫