加藤 明陳(かとう あきのぶ)は、近江水口藩の第5代藩主。水口藩加藤家9代。

 
加藤明陳
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦8年8月1日1758年9月2日
死没 文化5年10月8日1808年11月25日
改名 駒吉(幼名)→明陳
別名 孫太郎(通称)
戒名 皆遵院殿釋宗徳
墓所 京都府京都市東山区五条坂の大谷墓地
官位 従五位下、能登守、佐渡
幕府 江戸幕府
主君 徳川家治家斉
近江水口藩
氏族 加藤氏
父母 父:加藤明煕、母:大木氏
養父:加藤明堯
兄弟 姉(梅小路定福室)、姉(冷泉為栄室)、姉(松平直行室)、幾之助、明陳明朝明旨煕峯
正室水野忠見の娘
継室森忠興の娘
明允
テンプレートを表示

生涯編集

宝暦8年(1758年)8月1日、第5代主・加藤明煕の次男として江戸で生まれる。明和6年(1769年)5月15日に第6代藩主・加藤明堯の養子となり、安永5年(1776年)12月16日に能登守に任官する。安永7年(1778年)5月6日、養父の隠居により家督を継いで第7代藩主となる。

安永9年(1780年)12月3日に佐渡守に遷任する。幕命により京都警護などを務めた。寛政11年(1799年)9月6日、長男の明允に家督を譲って隠居し、以後は病気の療養に努めたが、文化5年(1808年)10月8日に死去した。享年51。