加藤柘榴石

1984年に発表された新鉱物

加藤柘榴石(かとうざくろいし、 Katoite)は、1984年に発表された新鉱物で、E. Passaglia & R. Rinaldi により、イタリアラツィオ州にある石切り場より発見された[1]。化学組成は Ca3Al2(SiO4)3-x(OH)4x x=1.5-3 で柘榴石の一種であり、灰礬柘榴石-加藤柘榴石グループを形成する。

マグネタイト上の透明な球状カトー

国立科学博物館の鉱物学者、加藤昭の記載鉱物学における業績と、国際鉱物学連合の新鉱物・鉱物名委員会の委員長としての長年の貢献をたたえて命名されたもの。なお和名は、単に加藤石と書かれる場合もある。

柘榴石の中では、ケイ酸より水酸基が卓越しており、ほとんど肉眼的な結晶を作らない。このため、ヒブシュ柘榴石(Hibschite)と共に「加水柘榴石」と呼ばれていた(ただし、ヒブシュ柘榴石は灰礬柘榴石の変種として独立種の地位を抹消されている)。現在では柘榴石グループの定義が変更されて柘榴石スーパーグループ[2]に拡張され、ケイ酸は不可欠ではなくなっている。

脚注編集

  1. ^ Passaglia, E. and Rinaldi, R. (1984): Katoite, a new member of the Ca3Al2(SiO4)3- Ca3Al2(OH)12 series and a new nomenclature for the hydrogrossular group of minerals. Bull. Mineral., 107, 605-618.
  2. ^ Garnet Supergroup, mindat.org

関連項目編集

外部リンク編集