加藤 治子(かとう はるこ、1922年11月24日 - 2015年11月2日)は、日本女優血液型はAB型。

かとう はるこ
加藤 治子
本名 加藤 治子
別名義 御舟 京子(旧芸名)
生年月日 (1922-11-24) 1922年11月24日
没年月日 (2015-11-02) 2015年11月2日(92歳没)
出生地 日本の旗 日本東京府東京市赤坂区(現東京都港区
死没地 日本の旗 日本・東京都世田谷区
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 舞台、映画、ラジオ、テレビドラマ
活動期間 1937年 - 2015年
配偶者 加藤道夫1946年 - 1953年)死別
高橋昌也1958年 - 1973年
事務所 松竹少女歌劇団
主な作品
テレビドラマ
七人の孫』シリーズ
大岡越前』シリーズ
だいこんの花』シリーズ
雑居時代
寺内貫太郎一家』シリーズ
さくらの唄
家族熱
阿修羅のごとく』シリーズ
おやじのヒゲ』シリーズ
浅見光彦シリーズ

映画
瀬戸内少年野球団
Mishima: A Life In Four Chapters
マルサの女2
歩いても 歩いても
おとうと

アテレコ
魔女の宅急便
ハウルの動く城
テンプレートを表示

来歴・人物編集

東京市赤坂区(現東京都港区)に、呉服問屋の娘として生まれる。

松竹少女歌劇学校を経て、1937年御舟京子(みふね きょうこ)の芸名松竹少女歌劇団に入る。同期には、後の男役トップスター・小月冴子曙ゆり並木路子矢口陽子(後の黒澤明夫人)、月城彰子(後の十代目・岩井半四郎夫人)などがいた。1939年には東宝に迎えられ[1]、『花つみ日記』で映画デビューする。榎本健一の相手役など数本の映画に出演した。

1941年慶應義塾大学の学生だった加藤道夫芥川比呂志らが結成した新演劇研究会(解散するが、戦後に麦の会として再出発)に入団。1946年、加藤道夫と結婚し、本名の瀧浪治子から加藤治子に改姓[2]。麦の会は1949年文学座に合流し、以降は主演級で活躍した。

1963年には芥川、高橋昌也高木均岸田今日子らと劇団雲の創立に参加した(1975年に退団)。

1964年、『七人の孫』で母親を演じ、森繁久彌らと共演。以後、ホームドラマでの母親役を当たり役にして人気を集める(森繁、大坂志郎三船敏郎丹波哲郎三國連太郎若山富三郎藤岡琢也との夫婦役は名コンビと呼ばれた)。

いしだあゆみ樹木希林平田満との共演も多かった。

向田邦子久世光彦とは公私ともに親しく、向田作品においては常連出演者かつキーマン役を務め、女の業を滲ませた役も演じた。

1994年から2009年までは『浅見光彦シリーズ』(TBS系)にて浅見雪江(光彦の母)役でレギュラー出演した。

晩年までコンスタントに作品を選ばずに出演(映画における遺作は『おとうと』。テレビドラマでの遺作は『魔術はささやく』)。

私生活では加藤道夫と結婚するも1953年に死別、1958年には高橋昌也と再婚するが、1973年に離婚している。

2015年11月2日午前7時7分、心不全のため東京都世田谷区の自宅で死去[3]。享年92歳。

出演編集

テレビドラマ編集

NHK編集

日本テレビ系編集

TBS系編集

フジテレビ系編集

NETテレビ→テレビ朝日系編集

テレビ東京系編集

WOWOW編集

映画編集

舞台編集

劇場アニメ編集

CM編集

受賞歴編集

著書編集

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 女優の加藤治子さん死去 「寺内貫太郎一家」で母親役”. 朝日新聞デジタル (2015-011-05). 2020年8月6日閲覧。
  2. ^ 『現代日本文學大系92 現代名作集(二)』(筑摩書房、1973年、p.411)
  3. ^ 加藤治子さん心不全で死去 ドラマ『寺内貫太郎一家』など出演”. ORICON STYLE (2015年11月5日). 2016年11月27日閲覧。
  4. ^ 魔女の宅急便”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月4日閲覧。
  5. ^ ハウルの動く城”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月6日閲覧。
  6. ^ 「秋の叙勲 都内495人に栄誉 三遊亭円歌さんら3氏に受章の感想を聞く」『読売新聞』2002年11月3日朝刊

外部リンク編集