加藤 泰義(かとう やすよし)は、江戸時代前期の伊予国大洲藩の世嗣。官位従五位下美作守

 
加藤泰義
時代 江戸時代前期
生誕 寛永6年(1629年
死没 寛文8年3月8日1668年4月19日
官位 従五位下美作守
伊予大洲藩世嗣
氏族 加藤氏(光泰系)
父母 加藤泰興岡部長盛娘・吉
兄弟 泰義泰堅泰茂加藤光信室、
大橋重義室、松浦昌正室
太田資宗娘・奈辺
霊光院
泰觚泰恒泰孝泰実小出有敬
池田長久正室ら
テンプレートを表示

略歴編集

2代藩主・加藤泰興の長男として誕生。

伊予大洲藩嫡子として生まれ、寛永17年(1640年)に徳川家光御目見した。承応元年(1652年)叙任されたが、家督を継ぐことなく寛文8年(1668年)に40歳で死去した。

代わって次男・泰恒が嫡子となった。

系譜編集