メインメニューを開く

加藤 泰觚(かとう やすかど、明暦2年(1656年) - 享保11年2月24日1726年3月27日))は、伊予新谷藩の第2代藩主。

大洲藩嫡子・加藤泰義の長男。母は霊光院。正室は織田長頼の娘。子は加藤泰貫(長男)、加藤泰恒(次男)、娘(松平信房正室)。官位は従五位下、出雲守。大洲藩2代藩主・加藤泰興の孫で、大洲藩3代藩主・加藤泰恒の兄に当たる。

先代藩主で大叔父の直泰に嗣子が無かったため、寛文9年(1669年)にその養嗣子となった。天和2年(1682年)、直泰の死去により跡を継ぐ。駿府加番に任じられた。

享保元年(1716年)10月12日、病を理由に長男の泰貫に家督を譲って隠居し、享保11年(1726年)2月24日に死去した。享年71。法号は万了院殿風外清雲大居士。墓所は東京都台東区松が谷の海禅寺。