メインメニューを開く

加藤 直(かとう ただし、1942年12月18日 - )は日本の劇作家演出家神奈川県出身。まつもと演劇工場・工場長。

略歴編集

1963年、上智大学外国語学部フランス語科中退。1966年、俳優座養成所卒業。

1970年、「自由劇場」「六月劇場」「発見の会」の3劇団による連合組織「演劇センター68」を母体に発足した「68/71 黒色テント」(現・黒テント)創立に参加。同劇団の座付き作家、演出家の一人として活躍。

1995、黒テント退団。オペラ、演劇、ミュージカル、コンサート、合唱と多岐にわたる活動を開始する。

1994年~1997年、東京芸術大学オペラ科講師。1996年(財)神奈川県芸術文化財団演劇部門プロデューサー、かながわ舞台芸術工房総合プロデューサー(~2004年3月)。

2002年4月~2003年、早稲田大学理工学部講師。2004年4月から日本大学芸術学部演劇学科非常勤講師。

受賞編集

  • 1967年:草月アートフェスティバル入賞=「ガザに盲いて」(自主映画)
  • 1989年:第17回ジローオペラ賞特別賞=「十二夜」(団体受賞:オペラシアターこんにゃく座)
  • 1989年:芸術祭賞=「セロ弾きのゴーシュ」(団体受賞:オペラシアターこんにゃく座)

書籍編集

  • シュールレアリスム宣言 ISBN 4-88059-088-6
  • ガリガリ博士の異常な愛情

作詞編集

  • 三十五億年のサーカス
    • ギョウザの夢/魚のいない水族館/少女よ少女
  • ものに寄せる歌
    • あたしのからだは・・
  • 合唱オペラ「ヴィヨン笑う中世」
  • 「おとずれ」~太宰治「トカトントン」による~

参考文献編集

  • 読売人物データベース