加藤 秀行(かとう ひでゆき、1983年[1] - )は、日本の小説家千葉県出身、タイ[1]バンコク在住[2]

加藤 秀行
(かとう ひでゆき)
誕生 1983年????
日本の旗 日本 千葉県
職業 小説家
最終学歴 東京大学経済学部卒業
主な受賞歴 文學界新人賞(2015年)
デビュー作 「サバイブ」(2015年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴・人物編集

東京大学経済学部卒業[1]ビジネスコンサルティング企業ドリームインキュベータに勤め、後に子会社「DIマーケティング」を設立し代表取締役となる[3]

2015年、「サバイブ」で第120回文學界新人賞を受賞。2016年、「シェア」で第154回芥川龍之介賞候補[4]、「キャピタル」で第156回芥川龍之介賞候補。

同じように作家と経営者の二足のわらじを履く上田岳弘小佐野彈と交友がある。

作品編集

単行本編集

  • 『シェア』(文藝春秋、2016年2月)
    • シェア(『文學界』2015年10月号)
    • サバイブ(『文學界』2015年6月号)
  • 『キャピタル』(文藝春秋、2017年3月)
    • キャピタル(『文學界』2016年12月号)
  • 『海亀たち』(新潮社、2018年1月)
    • 海亀たち(『新潮』2017年8月号)

単行本未収録作品編集

  • バルコニー(『新潮』2019年3月号)

エッセイなど編集

  • 開かない扉/閉じない扉(『すばる』2017年12月号)
  • 「ニムロッド」作品論 突き詰めた先にある痛み(『文學界』2019年3月号)

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集