加藤秀 (児童文学作家)

加藤 秀(かとう しゅう、1925年12月26日 - 2008年[1])は、児童文学作家。

秋田県生まれ。本名・市郎。秋田師範学校(現秋田大学)卒。浦和市立仲本小学校教諭など教師、編集者をへて児童文学作家[2]。武州路小説大賞受賞。

著書編集

共著編集

  • 『少年恐竜館』小畠郁生共著 童心社 ノンフィクション・ブックス 1977
  • 『母と子のおやすみ前の小さな童話 名作編』編著 三交社 1977
  • 『ひきさかれた大陸 大陸移動説をめぐる新しい地球の科学』小畠郁生共著 偕成社 少年少女ドキュメンタリー 1979 のち文庫
  • 『オウムガイの謎』小畠郁生共著 筑摩書房 ちくまプリマーブックス 1987
  • 『ノーレン君の目が見えた! バングラデシュで活躍する日本人医師夫妻の記録』宮崎亮共著 保田義孝絵 偕成社 わたしのノンフィクション 1988

翻訳編集

  • ビバリーとジェニー=ハルステッド作絵『恐竜・その誕生から死まで』全5巻 小畠郁生訳、加藤市郎文 偕成社 1987

脚注編集

  1. ^ 国立国会図書館著者標目
  2. ^ 『現代日本人名録』