メインメニューを開く

加藤紘一宅放火事件(かとうこういちたくほうかじけん)とは、2006年平成18年)8月15日加藤紘一の自宅で発生した放火事件である。

概要編集

2006年(平成18年)8月15日午後5時50分頃、山形県鶴岡市の元自民党幹事長加藤紘一の実家から出火し、加藤の実家と隣接する事務所が全焼した[1]

出火直後、現場に倒れていた男性が病院に搬送された。男性は腹に切り傷を負い、煙で気管支熱傷をしており、使っていたレンタカーから、右翼団体大日本同胞社」幹部と判明[2]山形県警察捜査で、男性は加藤の実家1階の無施錠の玄関から侵入し、寝室にガソリンを撒いて火をつけた後で、包丁割腹自殺を図ったことが判明し、現住建造物等放火罪住居侵入罪の容疑で、Aを逮捕した。

犯行の動機について「加藤が小泉純一郎首相の靖国神社参拝に批判的な発言をしていたことに抗議を示したかった」とされた。犯行日は、小泉が靖国神社を参拝した日であった(小泉は内閣総理大臣就任以前から、8月15日の靖国神社参拝を公言していた)。

8月28日に小泉は記者団に対し、「暴力で言論を封じる行為は決して許されることではない」と述べ[3]、記者団からの「首相の靖国参拝がナショナリズムをあおっていると考えないか」との質問には、「全くそれはない」と否定した[3]

2007年(平成19年)5月31日山形地方裁判所山形地方検察庁求刑懲役12年に対し、被告人Aに放火及び失火の罪で懲役8年を言い渡して、確定判決となった[4]。判決理由では「言論封鎖を目的にした民主主義に挑戦する卑劣な行為。刑事責任は放火事件の中では格段に重い」と言い渡した。

物議を醸した発言編集

自民党衆議院議員稲田朋美が、2006年(平成18年)8月29日に「『立ち上がれ!日本』ネットワーク」が「新政権に何を期待するか」と題して、東京都内で開いたシンポジウムの席上、加藤と対談した[5]ことを紹介しこの事件について、「対談記事が掲載された15日に、先生の家が丸焼けになった」と軽い口調で話したと報じられた[6]。政界の陰陽師と言われた富士谷紹憲は、小泉純一郎の靖国神社参拝を支持する者の怨霊が放火犯人を使ってやらせた、その意味では、犯人も被害者である、と主張した[7]

脚注編集

  1. ^ 加藤代議士の実家・事務所全焼”. 荘内日報 (2006年8月17日). 2016年8月15日閲覧。
  2. ^ 加藤紘一代議士実家放火事件の背景--上部団体は過去、宮澤首相邸前割腹、新潟県知事襲撃を決行”. アクセスジャーナル (2006年8月18日). 2016年8月15日閲覧。
  3. ^ a b “首相、暴力での言論封殺を批判 加藤氏の事件で初言及”. 朝日新聞. (2006年8月28日). オリジナルの2006年9月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060903014702/http://www.asahi.com/politics/update/0828/002.html 2016年8月15日閲覧。 
  4. ^ 最近の内外情勢 2007年5月”. 公安調査庁. 2016年8月15日閲覧。
  5. ^ 福井新聞』2006年8月15日朝刊
  6. ^ 北海道新聞』2006年9月5日朝刊「自民総裁選の底流 安倍政治の行方1」
  7. ^ 2008年4月20日 富士谷紹憲講演会

関連項目編集