メインメニューを開く

加藤美南

日本の女性アイドル、NGT48のメンバー

加藤 美南(かとう みなみ、1999年1月15日 - )は、日本アイドル。女性アイドルグループNGT48の研究生である。旧チームNIIIの元キャプテン。愛称はかとみな[2]新潟県新潟市出身[2]AKS所属。

かとう みなみ
加藤 美南
プロフィール
愛称 かとみな
生年月日 1999年1月15日
現年齢 20歳
出身地 日本の旗 日本新潟県新潟市
血液型 O型
公称サイズ(2018年[1]時点)
身長 / 体重 152 cm / kg
活動
デビュー 2015年8月21日
ジャンル アイドル
所属グループ NGT48
活動期間 2015年 -
備考 NGT48 チームNIII→研究生
事務所 AKS
アイドル: テンプレート - カテゴリ

目次

略歴

NGT48加入前は、新潟県内在住の中高生がモデルとして登場するウェブサイト『制服ステーションMAP』や[3]、フリーペーパー『新潟美少女図鑑』に掲載されたことがある[4]

2015年

2016年

  • 1月10日、『NGT48劇場グランドオープン初日公演』に出演。同時にチームNIIIを結成[6]。翌2月25日には同じNGT48メンバーの水澤彩佳とともに新潟市南区PR大使に就任した[7][注 1]。同年6月1日発売のAKB48の44thシングル「翼はいらない」でシングル表題曲選抜メンバーに初めて選ばれた[9]。同年5月から6月にかけて開催され、6月18日に開票イベントが行われた『AKB48 45thシングル選抜総選挙』では76位にランクインし、喜びのスピーチで前方宙返り(前宙)を披露した[10][11]。なお、NGT48の生え抜きメンバーとしては唯一のランクインとなった[12]

2017年

  • 5月から6月にかけて開催された『AKB48 49thシングル選抜総選挙』では71位でアップカミングガールズに選出され、NGT48の生え抜きの中では唯一の2年連続となるランクインとなった[13]

2018年

  • 4月13日に新潟では初となる、単独コンサート『NGT48単独コンサート〜朱鷺は来た!新潟から全国へ!〜』において、同月の18日にグループを卒業する北原里英が務めたチームNIIIキャプテンの後任となることが発表された[14]

2019年

  • 5月20日に自身のInstagramにて不適切な投稿を行ったとして、2019年5月21日付で研究生へ降格処分となる[15]。これにあわせてNGT48全メンバーのSNSの運用がいったん停止されることが発表された[15]

人物

趣味はバトントワリング[16]。小学3年生の頃から練習に励み[11]、全国大会に出場した経験もある[17]。特技はアクロバットパフォーマンス[16]。劇場オープン初日には、アンコールの「唇にBe My Baby」の間奏で、手を使わずに側転する「側宙」を披露[17]

2016年5月時点で「ちょっとはまっていること」として「体育館を見ること」を挙げており、新潟市内の体育館は「たぶん全部回っている」といい、とりわけ新潟市横越総合体育館、新潟市東総合スポーツセンターを好むほか、最も好きな体育館は、小学生の頃にバトンのチーム大会で優勝した場所でもある白根総合公園白根カルチャーセンターである[8]

憧れのAKB48グループメンバーは高橋みなみ(元AKB48、初代AKB48グループ総監督)[18]。加藤の愛称である「かとみな」は高橋の愛称「たかみな」に由来していて[19]、NGT48のオーディションでも「たかみなさんに憧れてるので私はかとみなになりたいです」とアピールしていた[18]

NGT48に加入したきっかけは、高橋に憧れていたほかに[11]、地元である新潟を盛り上げたいという思いからである[12]。(地元でない)他の地域のグループなら入らなかったと語っている[12]

NGT48での参加楽曲

シングル選抜楽曲

NGT48名義

AKB48名義

アルバム選抜楽曲

AKB48名義

劇場公演ユニット曲

チームNIII 1st Stage「PARTYが始まるよ」

  • スカート、ひらり
  • 星の温度

チームNIII 2nd Stage「パジャマドライブ」

  • てもでもの涙(1stユニット)
  • パジャマドライブ(2ndユニット)

チームNIII 3rd Stage「誇りの丘」

  • 下衆な夢(1stユニット)
  • 左の腕で連れ去って…(2ndユニット)
  • ラスベガスで結婚しよう(組閣後)

出演

テレビドラマ

ネット配信

イベント

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 名前が「みなみ」であることから南区PR大使に就任することになった[8]

出典

  1. ^ 講談社 MOOK『AKB48総選挙公式ガイドブック2018』162頁
  2. ^ a b c 松本まゆげ (2016年8月23日). “NGT48お披露目イベントレポ&全メンバー個別顔写真紹介!センターは新潟市出身の“かとみな””. 日刊SPA! (扶桑社). https://nikkan-spa.jp/920389 2017年2月18日閲覧。 
  3. ^ JR東新潟駅周辺♡加藤美南”. 制服ステーションMAP. このみ (2014年11月8日). 2017年2月18日閲覧。
  4. ^ 新潟美少女図鑑 [@nibijo] (2015年5月20日). "明日から続々、発表していきます。新潟美少女図鑑公式応援ユニット『加藤美南 with ニコイチ☆オールスターズ』について" (ツイート). Retrieved 2019年5月21日 – via Twitter.
  5. ^ “秋元康氏「粒ぞろい」NGT最終選考で合格者22人”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年6月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1512804.html 2017年2月18日閲覧。 
  6. ^ “NGT48、柏木由紀ら16人でチームN3結成”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1590455.html 2017年1月21日閲覧。 
  7. ^ “「NGT48」の2人、新潟市南区のPR大使に 「私の育った南区に恩返し」”. 産経ニュース (産経デジタル). (2016年2月25日). http://www.sankei.com/life/news/160225/lif1602250047-n1.html 2017年2月18日閲覧。 
  8. ^ a b 加藤美南; 水澤彩佳 (2016年5月9日). 南区PR大使に就任した加藤美南さん、水澤彩佳さんにインタビューしました. (インタビュー). 新潟市南区.. オリジナルの2016-06-04時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160604120532/https://www.city.niigata.lg.jp/minami/about/kanko/PR-ambassador/interview.html 2019年5月21日閲覧。 
  9. ^ 中村拓海 (2016年3月25日). “AKB48は“グループ永続”をどう成し遂げるか? 向井地センター起用などから運営の動きを読む”. Real Sound (blueprint). http://realsound.jp/2016/03/post-6849.html 2017年2月18日閲覧。 
  10. ^ “NGT加藤美南「本当嬉しい」速報圏外→76位浮上”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年6月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1665522.html 2017年2月18日閲覧。 
  11. ^ a b c 加藤美南 (2016年7月3日). NGT48“前宙娘”加藤美南 目標はたかみな「いつか総監督に」. (インタビュー). Sponichi Annex.. http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/07/03/kiji/K20160703012893460.html 2017年2月18日閲覧。 
  12. ^ a b c “アイドルグループ・NGT48 加藤美南さん /新潟”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年1月9日). http://mainichi.jp/articles/20170109/ddl/k15/070/025000c 2017年2月18日閲覧。 
  13. ^ AKB総選挙【順位速報】NGT躍進、続々ランクインデイリースポーツオンライン(2017年6月17日)
  14. ^ “NGT48 地元・新潟で初の単独コンサートを開催! 初の組閣で新チームNIII とチームGを発表!”. 日刊エンタメクリップ. (2018年4月14日). https://entameclip.com/news/104044 2018年4月14日閲覧。 
  15. ^ a b “NGT48 加藤美南、SNSに不適切な投稿で研究生降格処分”. Sponichi Annex. (2019年5月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/21/kiji/20190521s00041000141000c.html 2019年5月21日閲覧。 
  16. ^ a b 加藤 美南”. NGT48 Official Site. AKS. 2017年2月18日閲覧。
    加藤 美南”. NGT48 Mobile. AKS. 2017年2月18日閲覧。
  17. ^ a b “NGT48初日公演は感激の幕開け 北原里英らが涙”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年1月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1590453.html 2017年2月18日閲覧。 
  18. ^ a b “NGT48 加藤美南が「大スターのたかみな」に感激”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2016年2月21日). https://news.dwango.jp/2016/02/21/78067/idol/ 2017年2月18日閲覧。 
  19. ^ たかみな(前)総監督のお説教部屋‐加藤美南‐”. NHK「AKB48 SHOW!」. 日本放送協会 (2016年2月20日). 2017年2月18日閲覧。
  20. ^ “NGT48、初ドラマの配役決定 『ひぐらしのなく頃に』に北原里英ら6人出演”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年2月27日). http://www.oricon.co.jp/news/2067588/full/ 2017年1月21日閲覧。 
  21. ^ ひぐらしのなく頃に 解 キャスト・スタッフ”. BSスカパー!. スカパー・エンターテイメント (2016年). 2017年1月21日閲覧。
  22. ^ キャスト”. 豆腐プロレス. テレビ朝日 (2017年). 2017年2月6日閲覧。
  23. ^ “AKB48グループ新ドラマ「マジムリ学園」放送決定、主演は小栗有以”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年6月1日). https://natalie.mu/eiga/news/284645 2019年5月21日閲覧。 
  24. ^ マジムリ学園 - 日本テレビ
  25. ^ “AKB48 【45thシングル 選抜総選挙】DVD発売記念特別番組OA決定!”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media). (2016年9月15日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/42035/2 2017年2月18日閲覧。 
  26. ^ “【豆腐プロレス】アジャ・コングのお株を奪う一斗缶攻撃も!AKBプロレスは今回も大波乱で幕=全試合掲載”. 1UP情報局 (ヨシクラデザイン). (2018年2月24日). http://kk1up.jp/archives/20180223_akb48.html 2018年2月24日閲覧。 

外部リンク