メインメニューを開く

加藤 隆(かとう たかし、1957年2月 - )は、日本の聖書学者、千葉大学教授。神奈川県生まれ。東京都立日比谷高等学校卒。東京大学文学部仏文科卒。1983年ストラスブール大学プロテスタント神学部入学。フランス政府給費留学生。(聖書の言語であるヘブライ語と古代ギリシア語を習得していないということで、DEUGの一年生(学部の一年生)に入学)。修士論文、博士論文の指導教官は、エチエンヌ・トロクメ。1993年ストラスブール大学プロテスタント神学部博士課程修了。神学博士。1997年中村元賞受賞(下記 La pensée sociale de Luc-Actes, 1997 により)。1999年東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学比較文学比較文化博士課程入学、2003年同満期退学。1995年から、千葉大学文学部助教授。現在、千葉大学大学院人文科学研究院教授。聖書学・神学のほか比較文明論を行う。

著書編集

  • La pensée sociale de Luc-Actes, (coll. Etudes d'Histoire et de Philosophie Religieuses, No.76), Presses Universitaires de France, Paris, 1997
  • 『『新約聖書』の誕生』講談社選書メチエ 1999年
  • 『新約聖書はなぜギリシア語で書かれたか』大修館書店 1999年
  • 『一神教の誕生 ユダヤ教からキリスト教へ』講談社現代新書 2002年
  • 『福音書=四つの物語』講談社選書メチエ 2004年
  • 『『新約聖書』の「たとえ」を解く』ちくま新書 2006
  • 『旧約聖書の誕生』筑摩書房 2008年 のち学芸文庫 
  • 『「新約聖書」とその時代』日本放送出版協会(NHKシリーズ)2010年
  • 『歴史の中の『新約聖書』』ちくま新書、2010年
  • 『武器としての社会類型論 世界を五つのタイプで見る』講談社現代新書 2012
  • 『旧約聖書』 (100分 de 名著、NHKテレビテキスト)、NHK出版、2014
  • 『集中講義 旧約聖書』(別冊NHK100分de名著)、NHK出版、2016

翻訳編集

  • ジャック・プズー=マサビュオー『家屋と日本文化』平凡社 (フランス・ジャポノロジー叢書) 1996年
  • E.トロクメ『受難物語の起源』教文館(聖書の研究シリーズ) 1998年
  • エチエンヌ・トロクメ『キリスト教の揺籃期 その誕生と成立』新教出版社 1998年
  • ブルース・マリーナ、リチャード・ロアボー『共観福音書の社会科学的注解』新教出版社 2001年
  • エチエンヌ・トロクメ『四つの福音書、ただ一つの信仰』新教出版社 2002年
  • マルク・フィロネンコ『主の祈り イエスの祈りから弟子たちの祈りへ』新教出版社 2003年
  • エチエンヌ・トロクメ『聖パウロ』白水社 文庫クセジュ 2004年
  • レジス・ビュルネ『新約聖書入門』白水社 文庫クセジュ 2005年
  • イヴ・ブリュレ『カトリシスムとは何か キリスト教の歴史をとおして』白水社・文庫クセジュ 2007年

参考編集

  • 『現代日本人名録』2002年