メインメニューを開く
加藤鯛一

加藤 鯛一(かとう ちょういち、1888年明治21年)6月1日[1] - 1943年昭和18年)10月5日[2])は、日本の衆議院議員憲政会立憲民政党国民同盟→立憲民政党)、ジャーナリスト。衆議院議員・労働大臣を務めた加藤勘十は実弟。

経歴編集

愛知県丹羽郡岩倉町(現在の岩倉市)出身。雑誌「実業帝国」を創刊し、社長兼主筆となる。また東京政治通信社社長も務めた。他に社団法人大日本国防義会の創設にも加わり、評議員となった。

1924年大正13年)、第15回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、7回の当選回数を重ねた。その間、阿部内閣内務政務次官を務めた。

1943年(昭和18年)10月5日、乗船していた関釜連絡船崑崙丸アメリカ海軍潜水艦の魚雷攻撃を受けて沈没し、犠牲となった[1]

著書編集

人物評編集

脚注編集

  1. ^ a b 「故正五位加藤鯛一外一名位階追陞の件」
  2. ^ 『官報』第5036号、昭和18年10月25日

参考文献編集