メインメニューを開く

加計 慎太郎(かけ しんたろう、1911年明治44年)4月9日[1] - 没年不明)は、日本実業家。蔵座林業社長[2]。通称八右衛門[2]

目次

人物編集

広島県出身[1]。加計正文の長男[2]1937年法政大学経済科卒[2]。芸備銀行(現広島銀行)に入る[1]。同行加計支店長に就任[1][2]。広島県体育協会理事、広島県山県郡体育協会長を兼ねた[1]。趣味は読書、スポーツ、絵画[1]。宗教は神道[1][2]

家族・親族編集

加計家

広島県広島市上柳町[1]、山県郡加計町[2]

  • 祖父・八右衛門[3]
  • 父・正文(広島県多額納税者[4]、銀行業、加計町長、会社重役)
1881年 -
  • 母・園枝(長尾家の娘)[2]
1888年 -
  • 姉・八重子[2]あるいは八重(河相清の妻)[3]
1908年 -
1914年 -
1917年 -
  • 妻・睦子(宮原家の娘)[2]
1915年 -
親戚

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j 『大衆人事録 第二十三版 西日本編』か269頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『人事興信録 第15版 上』カ2頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月9日閲覧。
  3. ^ a b c d 『人事興信録 第13版 上』カ3頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月9日閲覧。
  4. ^ 『日本紳士録 第29版』附録 全国多額納税者 広島県63頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年10月9日閲覧。

参考文献編集

  • 交詢社編『日本紳士録 第29版』交詢社、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第13版 上』人事興信所、1941年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第15版 上』人事興信所、1948年。
  • 広瀬弘『大衆人事録 第二十三版 西日本編』帝国秘密探偵社、1963年。