メインメニューを開く

加賀 八郎(かが はちろう、1958年2月28日 - 2013年7月2日)は、日本ベース奏者、元アイドルである。THE GOOD-BYEのベーシスト・ボーカル。血液型B型。 妻は漫画家池沢理美。愛称は「ハチ」、「ぱっつぁん」、「スヌーキー」など。

加賀 八郎
生誕 1958年2月28日
出身地 日本の旗 日本 東京都目黒区
死没 (2013-07-02) 2013年7月2日(55歳没)
ジャンル ロック
職業 ベーシスト、ヴォーカリスト
担当楽器 ベース
活動期間 1982年 - 2013年
事務所 1. ジャニーズ事務所
共同作業者 衛藤浩一
野村義男
曾我泰久
公式サイト ameblo.jp/hachiro860

目次

人物・来歴編集

1958年(昭和33年)2月28日東京都に生まれる。実家は東京都目黒区祐天寺で墓石・石材販売店を営む。

1982年(昭和57年)4月に行われたザ・グッバイのメンバーを募集するオーディションで、バックバンドを務めていた。しかし、オーディションでいいメンバーが見付からず、メインの野村義男曾我泰久が、「こいつでいいや」と決めたメンバーである[要出典]。デビュー時には1961年生まれとし、3歳サバを読んでいた。当初の愛称は「スヌーキー」、「加賀八郎」が「春日八郎」から「ス」の文字を抜いた名前であることが、その理由であった。

ザ・グッバイの活動休止後は真心ブラザーズのサポートバンド「MB's」や、「Flying Asian Farmers' Band」などで活動した。

2010年(平成22年)10月2日、7月に多発性骨髄腫であるとの診断を受け、闘病中である旨を公式ブログでファンに報告した[1]2013年(平成25年)7月2日午前10時15分、死去した[2]。55歳没。

2014年7月6日、一周忌を迎え、親交のあったミュージシャン仲間が集い加賀の生みだした音楽を演奏し偲ぶ「はっつぁん祭〜加賀八郎メモリアルチャリティーLIVE〜」を行った[1]。当日の収益の一部は、日本骨髄腫患者の会に寄付される[2]

ジャニーズ時代の参加ユニット編集

その他の参加ユニット編集

  • BAB - 衛藤浩一とのユニット
  • 加賀屋エトランゼ - 同上
  • えじら
  • MB's
  • Flying Asian Farmers' Band

ディスコグラフィー編集

THE GOOD-BYE編集

BAB編集

ミニアルバム
  1. 『BAB』(2008年06月08日)
  2. 『黄金色した憎いヤツ!』(2009年4月30日)

その他参加作品編集

  • 『We Love Bakufu Slump』(2011年12月25日)
爆風スランプトリビュートアルバム[3] 。加賀の友人でもあるファンキー末吉がプロデュースしたアルバム。曾我泰久が担当した『それから』(『月光』のc/w曲)のコーラスに、衛藤浩一と共に友情出演として参加[4]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集