加賀 武見(かが たけみ、1937年9月8日 - )は、青森県上北郡天間林村(現・七戸町)出身[1]の元騎手調教師

加賀武見
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 青森県上北郡天間林村
(現・七戸町
生年月日 (1937-09-08) 1937年9月8日(85歳)
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会 (JRA)
所属厩舎 京都・新堂捨蔵(1955年)
東京阿部正太郎(1957年 - 1969年)
東京・野平好男(1970年)
東京→美浦・阿部正太郎(1970年 - 1978年)
美浦・阿部新生(1978年 - 引退)
初免許年 1960年3月5日
免許区分 平地
(初期には障害も所持)
騎手引退日 1988年1月31日
通算勝利 8664戦1352勝
調教師情報
初免許年 1988年3月4日
調教師引退日 2008年2月24日
通算勝利 3441戦178勝
テンプレートを表示

夫人の父はJRA元調教師の阿部正太郎。夫人の弟はJRA調教師の阿部新生

経歴編集

七人兄弟の四男として生まれ、家には農耕馬が何頭もいた[2]

幼少時から農耕馬に跨がるのが好きな子供であったが[3]、兄たちが家を離れて働きに出たために、小学校を卒業した加賀は家業の農業を手伝うようになった[4]。生活は苦しかったため、14歳の時に中学校を中退し、港湾労働者として和歌山県に出稼ぎに行く[3]。その時に仕事が休みの日、近くにあった紀三井寺競馬場で生まれて初めて見た競馬に魅せられる。ちょうど、いとこに京都騎手になっていた柴田不二男がいたため、加賀はすぐに「自分も騎手になりたい」と手紙を書いた[4]

1955年2月に柴田の紹介で京都・新堂捨蔵厩舎に入門するが、厳しい指導や減量に苦闘する。肉体労働で鍛えられた体を減量するために食いたくても食えず、何度も馬に蹴られ、乗り方が下手だと鞭で打たれた[4]。その挙句、騎手試験にも落ちたため、家の事情で青森に帰らなければならなくなる。1956年にはいったん騎手を断念して帰郷し、横浜町の青森牧場に勤務[3]。その頃近くにあった奥羽牧場にいた英ダービー2着馬で、後にメイズイなどの名馬を輩出する種牡馬ゲイタイムをたびたび見に行った[5]。そこで金浜益三という男と知り合い、東京杉浦照厩舎にいた金浜は、阿部正太郎厩舎で騎手を探しているが行ってみないか、と言った[6]。どうしても騎手になる夢を諦められない加賀は家族を説得し、阿部本人にも牧場で見出されて、1957年に成人した加賀は再度厩舎に入門[6]。改めて1960年に騎手免許を取得し[3]、23歳でのデビューは当時としても遅いものであったが、それまで鬱憤していたものを一気に吐き出すような活躍を始めた[6]。1年目に平地37勝、障害21勝で計58勝を挙げて、保田隆芳野平祐二に次ぐ全国リーディング3位の成績を収め、当時の新人騎手最多勝利記録を達成[7]

2年目の1961年は63勝でリーディング2位となり、中山大障害(春)をクニハヤで制すと、天皇賞(秋)タカマガハラで制して八大競走GI級レース初制覇を飾る。当時は春と同じ3200mであり、加賀は鐙が切れた状態でも3200mを走り切れる技量を持っていた。平地と障害の最高峰とされるレースを2年目で制してしまったわけだが、リーディングジョッキーにもなった1000勝騎手で中山大障害と天皇賞と東京優駿を勝っているのは加賀だけである[8]

3年目の1962年からは平地の騎乗に専念し、80勝で初めて1位に輝くと、1966年まで5年連続でリーディングジョッキーを獲得。初期の加賀は「逃げの加賀」と呼ばれ、スタートから勢いよく先頭に立って最後まで抜かせず、エネルギーがほとばしるような騎乗が真骨頂であった。馬の感情に逆らうことなく逃げ、ひた向きに勝とうとする気持ちが勝利を呼び込んでいった。本人は「逃げの加賀」と呼ばれることをあまり好まず、自分はどちらかといえば追い込むほうが好きだ、と雑誌のインタビューや対談で語っている[8]1963年には101勝を挙げて野平に続く2人目の年間100勝騎手になり、1965年には120勝を記録。同年は「逃げの加賀」を全国のファンに強く印象付け[8]、牝馬クラシックの桜花賞ハツユキ優駿牝馬ベロナで逃げ切って制覇し、史上初の違う馬で牝馬二冠を獲得[9]。いずれも逃げ切りで勝っており、特にハツユキはレース直前に厩務員から「フケ(発情)の兆候が見られている。走らないかも」と言われていたが、それを逆手に取って「発情した牝馬は馬群に近づきやすい習性がある。それなら逃げてやろう」と考え、見事勝利に導いている。

シンザンが勝った12月26日第10回有馬記念では3番人気の逃げ馬ミハルカスに騎乗し、シンザンを相手に驚くべき逃げを見せて後世にまで語り継がれている。レース前から何とかしてシンザンに一泡吹かせようと考えていた加賀は、スタートから2番手以下を大きく離して逃げ、最後の4コーナーを回るとミハルカスを大外に導いた[8]。追ってくるシンザンに雨で馬場が悪化したインコースを走らせようとしたが、シンザンは内どころか外埒一杯から追い込みに入る。この時一瞬だがシンザンが視覚から消えたために実況が一瞬言葉を詰まらせ、「ミハルカスとシンザンが埒に激突したのか?」と思った観客や関係者も多かった。結局シンザンはミハルカスに1馬身3/4差をつけてゴールし、以後はシンザンが通ったコースは「シンザンストレート」と呼ばれ、以後GIでこのコースを通って勝った馬は未だにいない[10]。この有馬記念にシンザンは主戦騎手の栗田勝ではなく松本善登が騎乗したが、直前の12月18日のオープンの出走を巡って出走に消極的な栗田と武田文吾調教師が対立。結局武田が押し切る形で出走したが2着で、納得いかない栗田は阪神で騎乗予定があったにも関わらず、レース前日に小料理屋で泥酔し競馬場に現れなかったため、騎乗停止処分を受けた。そのため、栗田の代打として翌週に迫った有馬記念の騎手に加賀の騎乗を打診したが、一旦は決まりかけていたものの土壇場でミハルカス出走が決定。加賀がミハルカス騎乗を選んだ[11]ため、結局シンザンには武田の弟子だった松本が騎乗することとなった。なお、レース後加賀は松本に「よくあそこを通ってきたね」と声をかけたところ、松本は加賀に「あんた中山を知っているんでしょ?だからあそこを通れば大丈夫だと思った」と言っている[12]が、一般的には武田も含めて前述のように馬場の悪いインコースへ追いやられるのを避けるための奇策と思われており、実際松本は武田からそのことで説教を受けている。ちなみに、松本の方が加賀より年上であり、先輩でもある。

1967年6月25日新潟第9競走日本海ステークスでメジロカンゲツに騎乗するが、直線残り100mで骨折して落馬。このアクシデントによる戦線離脱のほか、交通事故にも遭ってリーディングの座を高橋成忠に奪われた。1968年1969年は再びリーディングに返り咲き、当時40代を迎えていた保田・野平に代わって、1970年代福永洋一が台頭するまでの間に7度のリーディングジョッキーを獲得した。1969年の安田記念では10番人気の牝馬・ハードウエイに騎乗し、飛ぶ鳥を落とす勢いであった3年目の岡部幸雄が跨がるハクセツを鼻差交わして勝利を収めた。

昭和40年代の半ばも過ぎると、激しく情熱的で勝利への執念を感じさせる騎乗スタイルから「闘将」と称されるようになり、以後日本中央競馬会のポスターでも使われるなど定着。その頃から加賀にとって最大のライバルであった郷原洋行と争いを繰り広げ、現役時代の最多勝争いはもちろんであったが、最大の見せ場はお互いに逃げ馬に騎乗した時であった。お互いに「こいつだけにはハナは譲るものか」と競りながら逃げ、そのまま決まることもあれば、逆に人気馬同士で並び立たずに共倒れという決着も見られた。

1974年の天皇賞(秋)ではカミノテシオに跨がって馬場の真ん中から追い込むと、インから突き抜けた郷原のイチフジイサミの更に前へと切れ込んで突き抜けた騎乗は、そのぎりぎりの激しさで当時のファンを驚かせた。ひとつタイミングを間違えば進路妨害となってしまうレースで、加賀はライバルの馬を破った[13]

1972年にはオーストラリアへ遠征し、3月11日フレミントンで行われた「第10回アジア競馬会議国際招待競走」に参戦[14]。1600mのハンデ戦で6番人気の6歳馬・ブルーネロに騎乗し、スタートから先頭に立って鮮やかに逃げ切り優勝[14][15]。野平(1959年)、大和田稔1971年)に次ぐオーストラリアの招待競走で勝利を収めた3人目の日本人騎手となった[14]11月18日には南アフリカのピーターマリッツバーグで行われた国際騎手招待競走にも出場し、5着となる[16]が、菊花賞イシノヒカル増沢末夫が騎乗した。1975年からは日本騎手クラブの会長を務め、郷原が日本騎手クラブ関東支部の副会長であった[17]

東京優駿はなかなか勝てなかったが、1976年クライムカイザーで制覇。逃げて直線を向いたトウショウボーイを横切るように交わしての勝利であった[18]。一方の皐月賞には1961年から1979年まで19年連続で出走して「同一クラシック最多連続出場」を記録しているが、1970年に騎乗したアローエクスプレスの2着が最高で、八大競走完全制覇を逃している。1979年第24回有馬記念ではカネミノブで2連覇を狙ったが、最後の直線でメジロファントム[19]に進路をカットされたことに怒り心頭となり、騎手仲間から異議申し立ての費用として必要な金を借りてまで審議を訴えたこともある[20]

1982年皐月賞ではゲイルスポートに騎乗。このレースには華麗なる一族の出で当時の史上最高価格である1億8500万円で落札されたハギノカムイオーが出走しており、加賀は高額取引馬や良血馬に闘志をかき立てられる性格であったため、その性格に火が付いた加賀は「あいつに競馬の厳しさを心底から教え込んでやる」と公言。逃げてデビュー3連勝を飾っていたハギノカムイオーを先頭に立たせない意思を表明し、実際にレースでもスタート直後からハギノカムイオーと激しい先行争いを演じたが、レース中盤に失速して19着に大敗。逃げられなかったハギノカムイオーも16着と両者共倒れの結果に終わった。続くNHK杯でもハギノカムイオーに逃げを許さず、結果12着に敗れたハギノカムイオー陣営はダービーへの参戦を断念させられた。

1988年に現役を引退。騎手生活の成績は8664戦1352勝(うち障害競走128戦45勝)。

加賀の引退により郷原は会長を代行し、その後は加賀の後任として正式な会長に就任した[21]

引退後は1987年に新設された「1000勝以上の騎手は調教師免許試験1次試験を免除」の適用者第1号となり[22]1989年に厩舎を開業。2002年にオンワードメテオで東京ハイジャンプを制して重賞初制覇を飾ると、新潟ジャンプステークスで2勝目を飾る。

2008年2月に定年で引退。調教師成績は中央競馬3441戦178勝、地方競馬155戦12勝。

主な騎乗馬編集

八大競走優勝馬編集

その他重賞勝ち馬編集

その他

主な厩舎所属者編集

※太字は門下生。括弧内は厩舎所属期間と所属中の職分。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 横尾一彦「サラブレッドヒーロー列伝88 大逆転のヒーロー カネミノブ」『優駿』1993年9月号、日本中央競馬会、64頁
  2. ^ 江面弘也「昭和の名騎手」三賢社、2020年4月30日、 ISBN 4908655162、p71
  3. ^ a b c d 島田明宏「ジョッキーズ 歴史を作った名騎手たち」イースト・プレス2020年ISBN 4781618685、p95
  4. ^ a b c 江面、p72
  5. ^ 江面、pp72-73
  6. ^ a b c 江面、p73
  7. ^ 後に1987年武豊に破られるまでの新人騎手最多勝記録であり、2008年三浦皇成に破られるまで関東所属の新人騎手最多勝記録であった
  8. ^ a b c d 江面、p74
  9. ^ 2005年には福永祐一が達成している。
  10. ^ 但し、シンザンより前にガーネツトが第4回有馬記念で同様の方法を使って優勝している。
  11. ^ ただしミハルカスは加賀は主戦騎手ではなかった(同馬は当時若手だった菅原泰夫が主戦騎手)。
  12. ^ 当時は馬の輸送手段や高速道路網が現在ほど発達していなかったこともあり、中央競馬といえども人馬の東西交流は大レースなどに限られていた。そのためにこのような発言が出てきたという節もある。
  13. ^ 江面、p76
  14. ^ a b c 競馬歴史新聞編纂委員会「加賀騎手 豪州で勝利」『競馬歴史新聞』日本文芸社1998年、97頁。ISBN 978-4537026689
  15. ^ 一般社団法人 中央競馬振興会 『日本近代競馬総合年表』中央競馬ピーアール・センター、2018年。p194
  16. ^ 『総合年表』p195
  17. ^ 当時は久保敏文も関西支部をまとめる副会長であった。
  18. ^ これはインタビューでトウショウボーイの主戦騎手であった池上昌弘が漏らした「トウショウボーイは、寄られると怯む」という失言と、それを聞き逃さなかった加賀のプレーがもたらした名騎乗であるとされていたが、後に谷中公一との対談において加賀は「早仕掛けはクライムカイザーが行きたがったからであり、意識的に寄せていったわけでもない」と語り、この通説を否定している。
  19. ^ 勝馬・グリーングラスとはハナ差の2着。
  20. ^ 結果は順位変わらず。
  21. ^ 郷原の後任の副会長は柴田政人となった。久保はこの時点でも留任となり引き続き副会長であった。
  22. ^ 2002年度よりこの特例は廃止。

関連項目編集

外部リンク編集