加賀美幸子

加賀美 幸子(かがみ さちこ、旧姓・山田。1940年6月24日 - )は、日本フリーアナウンサー千葉市女性センター名誉館長。元NHKエグゼクティブアナウンサー(理事待遇)でNHKを代表するアナウンサーの1人であった。

かがみ さちこ
加賀美 幸子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 東京都出身
生年月日 (1940-06-24) 1940年6月24日(77歳)
最終学歴 立教大学文学部英米文学科卒業[1]
職歴 東京アナウンス室→フリー
活動期間 1963年 -
ジャンル 報道
出演番組・活動
過去 ばらえてい テレビファソラシド』『NHKニュース

目次

来歴・人物編集

東京都出身。 1963年NHK入局。東京都立駒場高等学校立教大学文学部英米文学科卒。以来定年まで一貫して東京アナウンス室勤務(実力が評価されていたこと、大学教授と結婚し一女を儲けていたことや当時NHKに女性アナウンサーが少なかったことなどの理由はあるが、地方転勤が多いNHKアナウンサーとしては異例中の異例)であった。同期には名取将広瀬久美子松田輝雄村田幸子森本毅郎山田康夫吉川精一らがいる。

放送原稿の朗読の上手さはNHK女性アナウンサーの中で屈指の実力者で、一時期は朗読の加賀美幸子と高く評価されていたほどである。

1979年 - 1982年まで放送された総合テレビの音楽番組『ばらえてい テレビファソラシド』の出演時のタモリとのかけあいで一躍その名は全国区となる。またラジオ第1で2010年9月20日に放送された『ラジオでブラタモリ』では、元々テレビ用に制作されたものに一部、未公開トークを加えたため、通常の戸田恵子によるナレーションのほか、加賀美による補足や状況説明といった補足ナレーションが加わった。

1987年には、ドキュメンタリー映画『柳川堀割物語』(高畑勲監督・制作二馬力)のナレーションを同僚の国井雅比古と共に務めた(NHK在籍中でこのようなことは異例である)。

その落ち着いた雰囲気から、同僚・後輩アナウンサーからは「お母さん」と呼ばれ、親しまれた(タモリが「日本のお母さん」と呼んでいた理由は、このことをタモリが耳にしたことからでもある)。

久保純子のNHK入局試験の際の面接官であり、他の面接官が難色を示す中、加賀美が「全身が言葉という雰囲気が体から溢れてる」と推薦し、久保の入局が決まった。久保は「加賀美さんがいなかったら、今の久保純子はなかった」と感謝しており、(久保の)結婚の際には仲人を加賀美に務めてもらうほど、親交は深い[2]

1997年には、「NHK女性アナウンサー初の理事待遇のエグゼクティブアナウンサー」となる。2000年6月に定年退職。

退職後は千葉市女性センター館長に就任。2004年からは同センター名誉館長。フリーの立場で、古巣であるNHKを中心に活動しているほか、講演活動なども精力的に行っている。2005年から2008年までは内閣府の外郭団体である社団法人時事画報社(後に解散)の会長を務めた。

現在の出演番組編集

ナレーション

過去の出演番組編集

著作編集

  • 『じょうずに話せる女性の結婚スピーチ集』新星出版社 1978
  • 『やわらか色の烈風』筑摩書房 1986 のち文庫
  • 『心にちょっと深呼吸 生きて、何をよりどころにするか』青春出版社 1993 『ことばの心に耳をすませば』青春文庫
  • 『こころを動かす言葉』海竜社 2000 のち幻冬舎文庫
  • 『生き方の鍵を見つける』東京書籍 2003 『ことばの心・言葉の力』小学館文庫 

編集

脚注・出典編集

外部リンク編集