メインメニューを開く

加賀野井 秀一(かがのい しゅういち、1950年5月28日 - )は、フランス哲学者、中央大学理工学部教授。

高知市生まれ。1974年中央大学文学部仏文科卒、1983年同大学院博士課程中退、1987年中央大理工学部専任講師、1990年助教授、1998年教授。また中島義道主宰哲学塾カントでソシュール入門の講師を担当。

丸山圭三郎の指導を受けた[1]モーリス・メルロ=ポンティフェルディナン・ド・ソシュールなどを研究著述し、また日本語論の著作を刊行する[2][3]。  

著書編集

  • 『メルロ=ポンティと言語』世界書院 1988
  • 『オールリーブル』朝日出版社 1993
  • 『20世紀言語学入門 現代思想の原点』講談社現代新書 1995
  • 『日本語の復権』講談社現代新書 1999
  • 『日本語は進化する 情意表現から論理表現へ』日本放送出版協会(NHKブックス) 2002
  • 『ソシュール』講談社選書メチエ 2004
  • 『日本語を叱る!』ちくま新書 2006
  • 『メルロ=ポンティ 触発する思想』白水社〈哲学の現代を読む〉 2009
  • 『猟奇博物館へようこそ 西洋近代知の暗部をめぐる旅』白水社 2012

共編著編集

  • 『静かさとはなにか 文化騒音から日本を読む』中島義道・福田喜一郎 第三書館 1996
  • 『「うるさい日本」を哲学する 偏食哲学者と美食哲学者の対話』中島義道 講談社 2007 

翻訳編集

  • L・プリエート『実践の記号学』丸山圭三郎共訳 岩波書店 1984
  • モーリス・メルロ=ポンティ『知覚の本性 初期論文集』法政大学出版局・叢書ウニベルシタス 1988、新装版2015
  • グザヴィエ・ルピション『極限への航海 地球科学と人間』岩波書店 1990
  • ミシュレ『海』藤原書店 1994
  • フレデリック・パジェス『哲学者は午後五時に外出する』夏目書房 2000
  • メルロ=ポンティ『フッサール『幾何学の起源』講義』伊藤泰雄・本郷均共訳 法政大学出版局 2005
  • ジル・ドゥルーズ『『哲学の教科書』 ドゥルーズ初期』河出文庫 2010

編集

  1. ^ 「丸山圭三郎著作集」編集委員を、前田英樹(同じく門下生)と務めた(岩波書店全5巻, 2013~14)。
  2. ^ なお2006年の『日本語を叱る!』で、日本語の誤用をあげつらう本なのに「すべからく」を誤用していると呉智英産経新聞で批判され、同紙で反論を行った
  3. ^ 小谷野敦」のブログより、http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20070618