メインメニューを開く

勁松院(けいしょういん、文政6年12月22日1824年1月22日[1] - 文久元年5月10日1861年6月17日))は陸奥仙台藩第12代藩主・伊達斉邦の正室。第11代藩主の伊達斉義の長女。第13代藩主・伊達慶邦の姉。

名は綏姫(まさひめ)、後に徽子(のりこ)。落飾して栄心院、後に勁松院。法謚は勁松院殿維巌操節大姉[2]

経歴編集

伊達斉義の長女として出生。生母は『伊達略系』では出羽久保田藩支藩岩崎藩士・山本氏の娘[2]とするが、砂沢氏の娘美寿とする資料もある。

一門登米伊達氏伊達宗充の長子でかつて父とともに陸奥仙台藩第10代藩主・伊達斉宗の後継に上がったことのある斉邦が文政10年(1827年1月25日に伊達斉義の婿養子となる。文政11年11月27日1828年1月13日)に父の斉義が死去したことにより水面下の紆余曲折の末に同年12月に仙台藩主の家督を相続した斉邦と天保8年(1837年)12月に婚礼を挙げる。

天保12年7月24日1841年9月9日)に夫の斉邦が死去し、落飾して栄心院と称する。後に勁松院と改める。

文久元年5月10日(1861年6月17日)死去。享年39。墓所は大年寺

脚注編集

  1. ^ 『平成新修旧華族家系大成』(霞会館、1996年)
  2. ^ a b 『仙台叢書 第一巻』43pの『伊達略系』

参考文献編集

  • 『仙台叢書 第一巻』(仙台叢書刊行会、大正11年(1922年)発行)
    • 『伊達略系』
  • 『仙台叢書 第11巻』(鈴木省三、仙台叢書刊行会)