勅任官

明治憲法下の官吏区分で、高等官の一種、敬称は閣下。

勅任官(ちょくにんかん)は任官手続きの違いによる官吏区分で勅旨によって任ずる官職をいう。 1886年(明治19年)から高等官の一種となり[1]明治憲法の下で用いられ1946年(昭和21年)に廃止された[2]奏任官の上位に位置し、広義には親任官と高等官一等と二等を総じて勅任官と呼んだが、狭義には高等官一等と二等のみを勅任官といった。親任官と勅任官に対しては、敬称閣下を用いた。

勅任官の位置づけ

律令制における勅任編集

律令制では勅旨によって官職に任ずることまたはその官職を勅任といい、官を任ずるときは大納言以上、左右大弁八省五衛府の督、弾正尹大宰帥を勅任とした[3] [4]

明治の太政官制における勅任編集

1868年(慶応4年閏4月)政体書・官等9等編集

明治以後の勅任は、1868年7月4日(慶応4年(明治元年5月15日)に勅授官・奏授官・判授官[注釈 1]を区別したことが始めで、政体書の官等制で第一等官から第九等官までのうちの三等官以上を勅授官とし宣旨太政官の印を押すとした[6]。 第一等官は行政官の輔相議政官上局の議定神祇官・会計官・軍務官外国官・刑法官の知官事、一等海陸軍将とし、第二等官は議政官上局の参与、神祇官・会計官・軍務官・外国官・刑法官の副知官事、知府事、二等海陸軍将とし、第三等官は議政官下局の議長、行政官の弁事、神祇官・会計官・軍務官・外国官・刑法官の判官事、府の判府事、の一等知県事、三等海陸軍将として、以上の三等は外国に対して大臣と称した[7]。 このときの俸給は月給としており、江戸開城した後も戊辰戦争は継続していたことから関東平定まで三等官以上の月給を半減することにしていた[8]

1869年(明治2年7月)職員令・官位相当制編集

1869年明治2年7月)の職員令による官位相当制[9]では従四位相当以上を勅任とした[10]従一位正二位相当は太政官の左右大臣とし、従二位相当は神祇官の伯、太政官の大納言、海軍・陸軍の大将とし、正三位相当は太政官の参議、諸省の集議院の長官、大学校別当弾正台の尹、春宮坊留守官開拓使の長官とし、従三位相当は神祇官の大副、太政官の大弁、諸省の大輔、集議院の次官、大学校の大監、弾正台の大弼、皇太后宮職皇后宮職・春宮坊の大夫、府・大の知事、海軍・陸軍の中将、留守官・開拓使の次官とし、正四位相当は神祇官の少副、太政官の中弁、諸省の少輔、大学校の少監、弾正大の少弼、中藩の知事とし、従四位相当は神祇官の大祐、太政官の少弁、諸省の大丞刑部省の大判事、集議院の判官、大学校の大丞、弾正台の大忠、皇太后宮職・皇后宮職・春宮坊の亮、府の大参事、小藩・県の知事、海軍・陸軍の少将、留守官・開拓使の判官とした[9]。 このときの俸給である官禄は石高で示し官位相当表によって定めた[11] [12]

1871年(明治4年7月)太政官制・官位相当制編集

1871年8月29日(明治4年7月14日)の廃藩置県[13]の後、同年9月13日(明治4年7月29日)に諸官省に先立って太政官の官制を改正し、従前の官位相当表では従四位以上を勅任としてきたが、この際に正四位以上を勅任として正二位から正四位までの5等に分つ[14]。 正二位相当は正院太政大臣とし、従二位相当は正院の納言とし、正三位相当は正院の参議、左院の議長、右院の諸省長官とし、従三位相当は左院の一等議員、右院の諸省次官とし、正四位相当は正院の枢密大史、式部局の長、左院の二等議員とした[14]

明治4年7月に諸省の卿及び開拓長官へ権限を委任する条件を定め、卿部属の官員を選任・降級・昇級する場合は、勅任官は上裁に出るとしても任官は政事の大典になるので、天皇の内旨を卿へ通知し卿はこれを受理した後にこれを任ずることになる[15]

1871年(明治4年8月)太政官制・官等15等編集

1871年9月24日(明治4年8月10日)に官位相当制を廃止して官等を15等に定め、文官は三等以上、武官は四等以上を勅任官とする[16]。 文官の一等は左院の議長、右院の諸省長官、諸省の卿、神祇省宣教長官とし、二等は左院の副議長、右院の諸省次官、諸省の大輔、神祇省の宣教次官、外務省の大弁務使、文部省の大博士宮内省の大典医とし、三等は正院の大内史、左院の大議官、諸省の少輔、一等寮の頭、外務省の中弁務使、文部省の中博士、司法省の大判事、宮内省侍従長・中典医とした[16]。 武官の一等は元帥とし、二等は大将とし、三等は中将とし、四等は少将とした[17]。 なお、当初は太政大臣・左右大臣・参議の三職は天皇を輔翼する重官であり諸省長官の上であることを理由に等を設けていなかったが[16]1872年2月28日(明治5年1月20日)の官等改正で三職(太政大臣・左右大臣・参議)の官等を一等にした[18] [19]。 官制等級改定の際に官禄を月給へ改定したときの対応によると、官制等級改定前の従一位・正二位相当官の官禄(従前一等)は改定後の太政大臣の月給に対応し、従二位相当官の官禄(従前二等)は改定後の左右大臣の月給に対応し、正三位相当官の官禄(従前三等)は改定後の参議並びに官等一等の月給に対応し、以下1等づつ降って従四位相当官の官禄(従前六等)は改定後の官等四等の月給に対応する[20]

1873年(明治6年)5月8日に陸軍・海軍とも大将以下少尉までを1等づつ繰上げ従前は四等の少将を三等として武官も文官と同様に三等以上を勅任としたほか、陸軍会計部の監督長と陸軍軍医部の軍医総監を三等の勅任とした[21] [22]

陸海軍資のためとして1874年(明治7年)から家禄税[23] [注釈 2]とともに官禄税[24]を設けており、陸海軍武官等を除いて[25]勅任官月俸350円以上は10分の1の割合とした[注釈 3]

1877年(明治10年)1月太政官制・官等17等編集

1877年(明治10年)1月11日に勅任官以上の禄税をすべて2割に増加した[26] [注釈 4]。 1878年(明治11年)12月に官禄税を廃止した[27]

1883年(明治16年)1月4日に叙勲条例を定め、勅任官の初叙は勲三等とし、勅任官は勲一等まで進むことができるが、ただし三等官並びに三等相当官は勲一等には進むことができないとし、大臣、参議、諸省卿、参事院元老院議長、陸海軍大将を勲一等に叙するのはこの条例の進級年例によらないとした[28]

1885年(明治18年)7月28日に叙勲条例を改正し、勅任官の初叙は勲三等とし、勅任官は勲一等まで進むことができるが、ただし三等官並びにその相当官は勲一等には進むことができないした[29]

高等官としての勅任官編集

1886年(明治19年)3月高等官官等俸給令・親任・勅任2等編集

1885年(明治18年)12月22日に内閣職権を定めて太政官制から内閣制に転換した後、1886年(明治19年)2月26日の各省官制通則(明治19年勅令第2号)を定め各省大臣は所部の官吏を統督し奏任官以上の採用・離職は内閣総理大臣を経てこれを上奏するとし、各省大臣は閣議の後に裁可を経るのでなければ定限の他新たに勅奏任官を増加することはできないとした[30]。 同年3月12日に高等官官等俸給令(明治19年勅令第6号)を定めて高等官を勅任官と奏任官に分けて、勅任官のうち親任式を以って叙任する官を定める[31]。 親任式を以って叙任する官を除く他の勅任官は2等に分け、その辞令書は御璽を押し内閣総理大臣がこれを奉行するとした[31]。 親任式を以って叙任する官を除く他の勅任官の例としては、各省次官は勅任とし[32]会計検査院長は勅任一等、副院長は勅任二等とし[33]侍従長は勅任一等、宮中顧問官・宮内次官は勅任一等または勅任二等、式部長官は勅任一等、式部次官は勅任二等、皇太后宮大夫皇后宮大夫は勅任一等、掌典長・大膳大夫・内蔵頭・主殿頭・図書頭・内匠頭・主馬頭・御料局長官・侍医華族局長官・親王家別当は勅任二等とし[34]特命全権公使は勅任一等、弁理公使は勅任二等とし[35]控訴院長は勅任一等または二等、東京控訴院に限り勅任二等の評定官及び検事長を置くことができた、大審院長は勅任、大審院の局長は勅任二等、大審院の評定官は勅任二等または奏任一等から二等まで、大審院の検事長は勅任二等または奏任一等とし[36]帝国大学総長は勅任一等から二等までとし[37]高等師範学校校長は勅任二等または奏任一等とし[38]元老院副議長は勅任一等、議官は勅任一等または勅任二等とし[39]、陸海軍中将は勅任一等、少将及び相当官は勅任二等とした[40]。 1887年(明治20年)に位階について叙位条例を定めたときの[41]叙位進階内規では勅任官に任ぜられた者があるときは直ちに従四位に叙し、勅任官一等は従四位への叙日より満3年で従三位に叙すとし、親任官を除く他の勅任官の極位は正三位とした[42]。なお非職の勅任官又は勅任の待遇を受ける者は叙位若しくは進階することはないとした[43]。 1888年(明治21年)に勲章について叙勲条例並びに附則を廃止して文武官叙勲内則を定めたときの規定では、親任官を除く他の勅任官の初叙は勲三等とし勲一等まで進むことができるとした[44]

1891年(明治24年)7月高等官任命及俸給令・官等廃止編集

1889年(明治22年)2月11日に大日本帝国憲法を発布すると、同年12月24日に内閣官制(明治22年勅令第135号)を定め、勅任官の任命及び採用・離職は閣議を経ることになる[45]

1890年(明治23年)11月29日に施行した大日本帝国憲法の下で、1891年(明治24年)7月24日に高等官任命及俸給令(明治24年勅令第82号)を定めて従前の高等官官等俸給令(明治19年勅令第6号)を廃止する[46]。文武官の官等を廃止しているが、高等官の任命については勅任官と奏任官に分け、勅任官の中に親任式を以って任ずる官があることは変更なく辞令書の手続きも変更はない[47] [48]

1891年(明治24年)11月文武高等官官職等級表・等級10等編集

同年11月14日に文武高等官官職等級表(明治24年勅令第215号)を定めて高等官の官職を10等の等級に分け、勅任は一等から三等までとした[49]。一等のうち親任官・親補職を除く他の勅任官については大審院長[注釈 5]とし、二等は内閣の賞勲局総裁・法制局長官、各省の次官、陸海軍中将、会計検査院長、行政裁判所長官、鉄道庁長官、警視庁警視総監北海道庁長官、東京府知事、特命全権公使、検事総長・東京・大阪控訴院長、帝国大学総長とし、三等は内閣書記官長・賞勲局副総裁・法制局部長、枢密院書記官長、各省の局長[注釈 6]、陸海軍少将並びに相当官、陸軍省理事[注釈 7]、海軍省主理[注釈 7]、会計検査院部長、行政裁判所評定官[注釈 8]、鉄道庁部長、府県知事貴族院書記官長、衆議院書記官長、弁理公使、大審院部長・各控訴院長・各控訴院検事長、裁判所の判事・検事[注釈 7]、帝国大学教授[注釈 9]・高等師範学校長・女子高等師範学校[注釈 10]技監とした[49]。 この高等官の官職の等級は叙位進階内則では叙位の規準として用いられ、大審院長・会計検査院長・行政裁判所長官の初叙は正四位相当とし、二等官の初叙は従四位相当とし、三等官の初叙は正五位相当とし、相当位以上2階を極位とした[52]。なお勅任官待遇で満5年以上の勤労がある者は、特に従四位以下に叙せられることもあるとした[53]。 また、叙勲内則でも叙勲の規準として用いられ、高等官一等の官職の初叙は勲二等として勲一等まで進み、陸海軍中将・文官高等官二等の初叙は勲三等として勲一等まで進み、陸海軍少将並びに相当官・文官高等官三等の初叙は勲四等として勲二等まで進むとした[54]。 しかし、高等官任命及俸給令(明治24年勅令第82号)で官等を廃止したため、等級を定めるにあたっては俸給だけを基準にせざるを得ず本来の精神は却って失われることになる[55]

1892年(明治25年)11月高等官官等俸給令・親任・官等9等編集

1892年(明治25年)11月12日に高等官官等俸給令(明治25年勅令第96号)で再び官等を定めて、従前の高等官任命及俸給令(明治24年勅令第82号)及び文武高等官官職等級表(明治24年勅令第215号)を廃止した[56]。 親任式を以って任ずる官を除き他の高等官を9等に分け、親任式を以って任ずる官及び一等官・二等官を勅任官とし、辞令書の手続きに変更はない[57]。 官等と俸給とはその基準は必ずしも同じではないことから、高等官官等俸給令(明治25年勅令第96号)では官等・俸給は各自その当然の基準によって発達させることを目的として、俸給に於いては明治24年の制度を受け継ぎ官等に於いては明治24年の改革以前の官制を基準にした[55]。 これに伴い、文武官叙位進階内則を改定して官等を叙位の規準とし、大審院長の初叙は正四位から従三位に移したこれは準親補であり監軍等に近く会計検査院長より重いと判断したためで、会計検査院長及び行政裁判所長官は各等1階進めたのは独立官庁の長官であってその職任重いためとされ、会計検査院長(一等[注釈 11])並びに行政裁判所長官の初叙は正四位相当とし、一等官並びに会計検査院長(二等[注釈 11])の初叙は従四位相当とし、二等官の初叙は正五位相当とし、相当位より昇叙2階を極位として、勅任待遇の定めはなくなった[58]。 叙勲内則を改定して官等を叙勲の規準とし、陸海軍中将・一等官の初叙は勲三等として勲一等まで進むとし、陸海軍少将並びに相当官・二等官の初叙は勲四等として勲二等まで進むとした[59]

1900年(明治33年)に文武官叙位進階内則を改定し、一等官の初叙は正五位、極位は正三位とし、二等官の初叙は同じく正五位、極位は従三位とし、また勅任待遇者は在職満2年の後に正五位に叙し満5年を経て1階を進むことができるとした[60] [注釈 12]

1945年(昭和20年)の敗戦の後、1946年(昭和21年)4月1日に官吏任用叙級令(昭和21年勅令第190号[62])を公布・施行したときに、高等官官等俸給令の廃止等が行われ「勅任官」を「一級官吏」に改めた[2]

大日本帝国憲法の下における勅任官編集

概説編集

官記には天皇御璽が捺される。

文官は、中央省庁本省の次官局長、府県の知事などが勅任官であり、現在で言えば「指定職」とされる役職がこれに相当する。

武官では勅任官一等の中将と勅任官二等の少将の階級が勅任官とされた。なお、中将は親補職と呼ばれる役職に、天皇から直接に補職(親補)されることがあった。

高等官一等の例編集

宮内次官、宮内省掌典長、李王職長官、陸軍中将、海軍中将、陸軍軍医中将、海軍技術中将

高等官一等または二等の例編集

内閣書記官長、法制局長官、賞勲局総裁、各省次官、内務省技監、特命全権公使、枢密院書記官長、内大臣府秘書官長、侍従次長、帝国大学総長、府県知事、警視総監、南洋庁長官

高等官二等の例編集

各省局長、各省参与官、陸軍少将、海軍少将、陸軍軍医少将、海軍技術少将

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 勅授・奏授・判授と勅任・奏任・判任がどちらも使用されていたが、1875年(明治8年)3月14日に勅授・奏授・判授の廃止を決めた[5]
  2. ^ 家禄税については秩禄処分も参照。
  3. ^ 明治六年政変の後、1874年(明治7年)には佐賀の乱台湾出兵が起きた。
  4. ^ 1876年(明治9年)には神風連の乱秋月の乱萩の乱など士族反乱が続き、1877年(明治10年)1月には西南戦争が起きた。
  5. ^ 明治24年の大審院長は勅任判事の中より天皇がこれを補すとし[50]、準親補と見なされた[51]
  6. ^ 明治24年の各省の局長は三等(勅任)または四等(奏任)である。
  7. ^ a b c 明治24年の陸軍省理事、海軍省主理、裁判所の判事・検事は三等(勅任)または四等から九等まで(奏任)である。
  8. ^ 明治24年の行政裁判所評定官は三等(勅任)または四等から七等まで(奏任)である。
  9. ^ 明治24年の帝国大学教授は三等(勅任)または四等から八等まで(奏任)である。
  10. ^ 明治24年の高等師範学校長・女子高等師範学校長は三等(勅任)または四等(奏任)である。
  11. ^ a b 明治25年の会計検査院長の官等は一等官又は二等官とした。
  12. ^ この改正はその頃の任用上の結果として高位濫授の誹りを免れぬものがありこれらの弊はこの上なくこれを矯正しないわけにはいかないため、親任官以下初叙の位階を更正するとした[61]

出典編集

  1. ^ 「御署名原本・明治十九年・勅令第六号・高等官官等俸給令」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A03020001000、御署名原本・明治十九年・勅令第六号・高等官官等俸給令(国立公文書館)
  2. ^ a b JACAR:A04017814600(第2画像目から第3画像目まで、第7画像目)
  3. ^ 清原夏野「令義解 10巻. [4]」(第3コマ目)
  4. ^ MinShig (2000年3月26日). “任官条”. 官制大観 律令官制下の官職に関わるリファレンス Ver.0.8. 現代語訳「養老律令」. 2022年11月11日閲覧。
  5. ^ 「授任勅奏判ノ区別己巳七月両度達ノ内前ノ分廃止」国立公文書館、請求番号:太00229100、件名番号:002、太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第七巻・制度七・爵位
  6. ^ 「始メテ勅奏判ヲ分チ宣旨押印ノ制ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15070093800、太政類典・第一編・慶応三年~明治四年・第十五巻・官制・文官職制一(国立公文書館)
  7. ^ 「政体書ヲ頒ツ」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15070093500、太政類典・第一編・慶応三年~明治四年・第十五巻・官制・文官職制一(国立公文書館)(第7画像目から第8画像目まで)
  8. ^ 「月給規則ヲ定メ関東平定マテ其幾分ヲ減額ス」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15071154300、太政類典・第一編・慶応三年~明治四年・第百五十九巻・理財・官給一(国立公文書館)
  9. ^ a b 内閣官報局 編「第622 職員令並官位相当表(明治2年7月8日)」 『法令全書』 明治2年、内閣官報局、東京、1912年10月、263頁。 
  10. ^ 「勅奏判任ノ区別ヲ定メ判任ハ其長官之ヲ授ケ位階ハ太政官之ヲ賜フ」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15070026900、太政類典・第一編・慶応三年~明治四年・第五巻・制度・出版・爵位(国立公文書館)
  11. ^ 「官禄定則ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15071156000、太政類典・第一編・慶応三年~明治四年・第百五十九巻・理財・官給一(国立公文書館)
  12. ^ 「官制改正官位相当表ニ依リ官禄ヲ賜フ」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15071156100、太政類典・第一編・慶応三年~明治四年・第百五十九巻・理財・官給一(国立公文書館)
  13. ^ 「詔シテ藩ヲ廃シ県ヲ置キ政令多岐ノ憂ナカラシム」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15070001100、太政類典・第一編・慶応三年~明治四年・第一巻・制度・詔勅・臨御親裁・禁令・布令掲示(国立公文書館)
  14. ^ a b 「太政官中官制ヲ改正ス」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15070099700、太政類典・第一編・慶応三年~明治四年・第十五巻・官制・文官職制一(国立公文書館)(第3画像目)
  15. ^ 「諸省卿開拓長官ニ委任ノ条件ヲ示ス」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15070095000、太政類典・第一編・慶応三年~明治四年・第十五巻・官制・文官職制一(国立公文書館)
  16. ^ a b c 国立公文書館、請求番号:太00236100、件名番号:001(第1画像目から第2画像目まで)
  17. ^ 「兵部省官等改定・二条」国立公文書館 、請求番号:太00424100、件名番号:001、太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第二百二巻・兵制一・武官職制一(第2画像目)
  18. ^ 国立公文書館、請求番号:太00236100、件名番号:001(第3画像目)
  19. ^ 「官等改正」国立公文書館、請求番号:太00236100、件名番号:002、太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第十四巻・官制一・文官職制一(第1画像目から第2画像目まで)
  20. ^ 国立公文書館、請求番号:太00530100、件名番号:002(第1画像目から第5画像目まで)
  21. ^ 「陸海軍武官官等表改正・二条」国立公文書館、請求番号:太00424100、件名番号:004、太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第二百二巻・兵制一・武官職制一
  22. ^ 「太政官御沙汰書 太政官達 武官々等表改定の事」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:C09111782900、公文類纂 明治6年 巻23 本省公文 図書部(防衛省防衛研究所)
  23. ^ 「家禄税ヲ設ク」国立公文書館、請求番号:太00502100、件名番号:026、太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第二百七十九巻・租税九・雑税一
  24. ^ 「官禄税ヲ設」国立公文書館、請求番号:太00502100、件名番号:013、太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第二百七十九巻・租税九・雑税一
  25. ^ 「陸海軍武官及海軍乗艦文官ハ官禄税ヲ賦セス」国立公文書館、請求番号:太00502100、件名番号:016、太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第二百七十九巻・租税九・雑税一
  26. ^ 「各省中諸寮及大少丞以下ヲ廃シ書記官属官等給ヲ定ム・附勅任官禄税ノ事」国立公文書館、請求番号:太00236100、件名番号:008、太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第十四巻・官制一・文官職制一
  27. ^ 「官禄税ヲ廃ス及文官四等以下俸給ヲ定ム」国立公文書館、請求番号:太00676100、件名番号:001、太政類典・第三編・明治十一年~明治十二年・第七十一巻・理財・官給一
  28. ^ 「叙勲条例制定・二条」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15110402100、公文類聚・第七編・明治十六年・第四巻・儀制・朝儀~音楽、族爵一・種族・爵位・勲等(国立公文書館)(第1画像目から第2画像目まで)
  29. ^ 「叙勲条例及同附録中改正」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15111017100、公文類聚・第九編・明治十八年・第三巻・族爵・種族~勲等、宮廷・内廷~行幸、賞恤・旌表~賑恤(国立公文書館)(第1画像目から第2画像目まで)
  30. ^ 「各省ノ官制通則ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15111077600、公文類聚・第十編・明治十九年・第二巻・官職一・官職総、官職二・職制章程第一(国立公文書館)(第5画像目から第6画像目まで)
  31. ^ a b JACAR:A15111088500(第3画像目から第4画像目まで)
  32. ^ 「各省ノ職員ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15111089500、公文類聚・第十編・明治十九年・第四巻・官職三・官等俸給(国立公文書館)
  33. ^ 「会計検査院ノ職員ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15111089600、公文類聚・第十編・明治十九年・第四巻・官職三・官等俸給(国立公文書館)
  34. ^ 「宮内省勅奏任官官等俸給ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15111090100、公文類聚・第十編・明治十九年・第四巻・官職三・官等俸給(国立公文書館)
  35. ^ 「無任所外交官ノ年俸ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15111090400、公文類聚・第十編・明治十九年・第四巻・官職三・官等俸給(国立公文書館)
  36. ^ 「裁判所ノ職員ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15111092000、公文類聚・第十編・明治十九年・第四巻・官職三・官等俸給(国立公文書館)
  37. ^ 「帝国大学ノ職員ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15111092400、公文類聚・第十編・明治十九年・第四巻・官職三・官等俸給(国立公文書館)
  38. ^ 「高等師範学校高等中学校東京商業学校ノ職員ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15111092500、公文類聚・第十編・明治十九年・第四巻・官職三・官等俸給(国立公文書館)
  39. ^ 「元老院議長副議長議官書記官ノ官等俸給ヲ改定ス」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15111094200、公文類聚・第十編・明治十九年・第四巻・官職三・官等俸給(国立公文書館)
  40. ^ 「陸軍海軍武官ノ官等ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)JACAR:A15111135300、公文類聚・第十編・明治十九年・第十二巻・兵制一・兵制総・陸海軍官制一(国立公文書館)
  41. ^ 「叙位条例ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15111286000、公文類聚・第十一編・明治二十年・第六巻・儀制門・朝儀・礼式・服制・徽章、族爵門・種族・爵位・勲等(国立公文書館)
  42. ^ JACAR:A15111286100(第4画像目)
  43. ^ JACAR:A15111286100(第5画像目)
  44. ^ 「叙勲条例並ニ附則ヲ廃シ文武官叙勲内則ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15111493500、公文類聚・第十二編・明治二十一年・第六巻・儀制・朝儀・礼式・服制・徽章、族爵・種族・爵位・勲等(国立公文書館)(第7画像目から第8画像目まで、第20画像目、第36画像目、第48画像目)
  45. ^ 「内閣官制ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15111667400、公文類聚・第十三編・明治二十二年・第二巻・官職一・職制章程(国立公文書館)(第8画像目)
  46. ^ JACAR:A15112241100
  47. ^ JACAR:A15112241100(第1画像目)
  48. ^ JACAR:A15112241300(第3画像目)
  49. ^ a b 「御署名原本・明治二十四年・勅令第二百十五号・文武高等官官職等級表」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A03020114700、御署名原本・明治二十四年・勅令第二百十五号・文武高等官官職等級表(国立公文書館)
  50. ^ 「御署名原本・明治二十三年・法律第六号・裁判所構成法」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A03020049700、御署名原本・明治二十三年・法律第六号・裁判所構成法(国立公文書館)(第33画像目から第34画像目まで)
  51. ^ {{{reference}}}(第3画像目)
  52. ^ JACAR:A15112272000(第3画像目から第4画像目まで、第6画像目)
  53. ^ JACAR:A15112272000(第4画像目)
  54. ^ 「叙勲内則ヲ定メラル附叙勲内則取扱手続ヲ更定ス」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15112451900、公文類聚・第十六編・明治二十五年・第十四巻・族爵・族制・爵位・勲等(国立公文書館)(第4画像目から第6画像目まで、第17画像目、第20画像目から第21画像目まで、第29画像目)
  55. ^ a b JACAR:A15112439800(第1画像目から第3画像目まで)
  56. ^ JACAR:A15112439800
  57. ^ JACAR:A15112439800(第5画像目から第6画像目まで)
  58. ^ {{{reference}}}(第3画像目から第7画像目まで)
  59. ^ 「叙勲内則ヲ改定セラル」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15112452200、公文類聚・第十六編・明治二十五年・第十四巻・族爵・族制・爵位・勲等(国立公文書館)(第4画像目から第6画像目まで、第20画像目、第35画像目から第36画像目まで、第44画像目)
  60. ^ JACAR:A15113342600(第5画像目、、第10画像目)
  61. ^ JACAR:A15113342600(第4画像目)
  62. ^ 「御署名原本・昭和二十一年・勅令第一九〇号・官吏任用叙級令」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A04017814300、御署名原本・昭和二十一年・勅令第一九〇号・官吏任用叙級令(国立公文書館)(第2画像目)

参考文献編集

  • 「官制等級改定」国立公文書館、請求番号:太00236100、件名番号:001、太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第十四巻・官制一・文官職制一
  • 「官禄ヲ月給ニ改定定則ヲ立並定則中改正・二条」国立公文書館、請求番号:太00530100、件名番号:002、太政類典・第二編・明治四年~明治十年・第三百七巻・理財二十七・官給一
  • 「高等官官等俸給ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15111088500、公文類聚・第十編・明治十九年・第四巻・官職三・官等俸給(国立公文書館)
  • 「叙位進階内規ヲ定ムニ依リ内閣総理大臣ヲ経テ上奏セシム」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15111286100、公文類聚・第十一編・明治二十年・第六巻・儀制門・朝儀・礼式・服制・徽章、族爵門・種族・爵位・勲等(国立公文書館)
  • 「高等官任命及俸給令ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15112241100、公文類聚・第十五編・明治二十四年・第七巻・官職三・官制三(官等俸給及給与一~大蔵省)(国立公文書館)
  • 「文武高等官々職等級表ヲ定ム」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15112241300、公文類聚・第十五編・明治二十四年・第七巻・官職三・官制三(官等俸給及給与一~大蔵省)(国立公文書館)
  • 「叙位進階内則ヲ定メラル」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15112272000、公文類聚・第十五編・明治二十四年・第十三巻・族爵・爵位・勲等・雑載(国立公文書館)
  • 「高等官々等俸給令」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15112439800、公文類聚・第十六編・明治二十五年・第九巻・官職三・官制三(官等俸給及給与一~陸軍省)(国立公文書館)
  • 「文武官叙位進階内則ヲ改定セラル」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15112451700、公文類聚・第十六編・明治二十五年・第十四巻・族爵・族制・爵位・勲等(国立公文書館)
  • 「文武官叙位進階内則ヲ改定セラル」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A15113342600、公文類聚・第二十四編・明治三十三年・第十二巻・族爵・爵位・勲等、儀典・儀礼・服制徽章(国立公文書館)
  • 「御署名原本・昭和二十一年・勅令第一九三号・官吏任用叙級令施行等ニ伴フ高等官官等俸給令ノ廃止等ニ関スル件」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A04017814600、御署名原本・昭和二十一年・勅令第一九三号・官吏任用叙級令施行等ニ伴フ高等官官等俸給令ノ廃止等ニ関スル件(国立公文書館)

関連項目編集

外部リンク編集

  • 「御署名原本・明治十九年・勅令第六号・高等官官等俸給令」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A03020001000、御署名原本・明治十九年・勅令第六号・高等官官等俸給令(国立公文書館)(JACAR:A03020001000
  • 「御署名原本・明治二十四年・勅令第八十二号・高等官任命及俸給令制定高等官官等俸給令廃止」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A03020101400、御署名原本・明治二十四年・勅令第八十二号・高等官任命及俸給令制定高等官官等俸給令廃止(国立公文書館)(JACAR:A03020101400
  • 「御署名原本・明治二十四年・勅令第二百十五号・文武高等官官職等級表」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A03020114700、御署名原本・明治二十四年・勅令第二百十五号・文武高等官官職等級表(国立公文書館)(JACAR:A03020114700
  • 「御署名原本・明治二十五年・勅令第九十六号・高等官官等俸給令制定高等官任命及俸給令、文武高等官官職等級表廃止」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A03020130600、御署名原本・明治二十五年・勅令第九十六号・高等官官等俸給令制定高等官任命及俸給令、文武高等官官職等級表廃止(国立公文書館)(JACAR:A03020130600
  • 「御署名原本・昭和二十一年・勅令第一九〇号・官吏任用叙級令」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A04017814300、御署名原本・昭和二十一年・勅令第一九〇号・官吏任用叙級令(国立公文書館)(JACAR:A04017814300
  • 「御署名原本・昭和二十一年・勅令第一九一号・親任官及諸官級別令」JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.A04017814400、御署名原本・昭和二十一年・勅令第一九一号・親任官及諸官級別令(国立公文書館)(JACAR:A04017814400