勅使川原三郎

日本のダンサー、振付家、演出家、俳優 (1953-)

勅使川原三郎(てしがわら さぶろう、1953年9月15日 - )は、日本のダンサー振付家演出家俳優立教大学現代心理学部教授を経て、2014年より、多摩美術大学美術学部演劇舞踊デザイン学科教授。東京都出身。

経歴編集

1981年より独自の創作活動を開始[1]パントマイムクラシック・バレエ彫塑を修得した後、1985年に宮田佳と共にコンテンポラリー・ダンスのカンパニー、KARASを設立。 2006年、立教大学現代心理学部映像身体学科教授。2014年、多摩美術大学美術学部演劇舞踊デザイン学科教授。2019年、愛知県芸術劇場アドバイザー。2020年、愛知県芸術劇場芸術監督[2]

代表作は「月は水銀」「青い隕石」「石の花」「メランコリア」「NOIJECT」「I was Real-Documents」「Absolute Zero」「ルミナス」など。

ダンスの分野において、パリ・オペラ座バレエネザーランド・ダンス・シアターなどから振付けの委嘱を受けるほか、フランス芸術文化勲章オフィシエを受章するなど国際的な評価を得ている。

2022年1月12日、イタリアのヴェネツィア・ビエンナーレより、同年7月に開催されるダンス部門にて金獅子功労賞を授与すると発表された[3]

受賞編集

出版物編集

出演作編集

脚注編集

  1. ^ 演劇舞踊デザイン学科 | 多摩美術大学 教員紹介”. www.tamabi.ac.jp. 2021年9月20日閲覧。
  2. ^ 愛知県芸術劇場 芸術監督就任のお知らせ
  3. ^ 日本人ダンサーに功労賞 ベネチア・ビエンナーレ”. 産経ニュース (2022年1月12日). 2022年1月25日閲覧。
  4. ^ 現代舞踊界を牽引する異端児 勅使川原三郎インタビューCINRA.NET
  5. ^ 勅使川原三郎氏が芸術文化勲章を受章”. 駐日フランス大使館 (2019年1月17日). 2021年6月5日閲覧。
  6. ^ 勅使川原三郎さんに金獅子功労賞 ベネチア・ビエンナーレ・ダンス” (日本語). 毎日新聞. 2022年7月25日閲覧。

外部リンク編集