メインメニューを開く

勇山 文継(いさやま の ふみつぐ)は、平安時代初期の貴族漢詩人氏姓は勇山(無姓)のち勇山、安野宿禰官位従四位下東宮学士

 
勇山文継
時代 平安時代初期
生誕 宝亀4年(773年
死没 天長5年10月26日828年12月6日
官位 従四位下東宮学士
主君 嵯峨天皇淳和天皇
氏族 勇山(無姓)→→安野宿禰
テンプレートを表示

目次

出自編集

勇山氏は山部の一種である膽狭山部・不知山部[1]の後裔で[2]、『新撰姓氏録』によると、饒速日命の三世孫にあたる出雲醜大使主命の末裔とされ[3]物部氏の一族とも考えられる。しかし、『日本後紀』の賜姓記事[4]において、連のを与えられる以前の姓に関する記載がないことから、それ以前は姓を持たなかったと見られており、実際には白丁(庶民あるいはそれに近い身分)の出身であったと考えられている。

経歴編集

河内国出身。その前半生は不明であるが、その後の経歴から当時白丁の子弟でも入学が許されていた大学寮文章生出身であったとされている。

弘仁元年(810年)に同族の勇山家継[5]真継らと共に勇山連の姓を賜与される(この時の位階従八位下)。間もなく従六位下紀伝博士に叙任。翌弘仁2年(811年従五位下に叙せられると、紀伝博士在任のまま、大学助と相模権掾を兼務した。弘仁6年(815年)家継らと共に本貫平安京右京に移される。弘仁7年(816年嵯峨天皇に『史記』を進講した功績により内位の従五位下に叙せられた。その後、勇山連から安野宿禰に改姓。嵯峨朝末の弘仁14年(823年)従五位上に昇叙される。

淳和朝に入ると、天長3年(826年正五位下、翌天長4年(827年)従四位下と急速に昇進、またこの間に皇太子・正良親王(のち仁明天皇)の東宮学士にも任ぜられている。天長5年(828年)10月26日卒去。享年56。最終官位は東宮学士従四位下。

漢詩人として、勅撰漢詩集三集(『凌雲集』『文華秀麗集』『経国集』)のいずれにも撰者を務めており、中でも『文華秀麗集』『経国集』には1首ずつ漢詩作品が採録されている。

官歴編集

日本後紀』による。

脚注編集

  1. ^ 読みはいずれも「いさやまべ」
  2. ^ 太田[1963: 313]
  3. ^ 『新撰姓氏録』河内神別
  4. ^ 『日本後紀』弘仁元年10月21日戊子810年11月21日)条
  5. ^ 一説では兄とする(太田[1963: 313])

参考文献編集