メインメニューを開く

動脈血(どうみゃくけつ)とは、に入って酸素を多く含んだ血液のことである。動脈血は二酸化炭素を多く含んだ静脈血に比べ、赤みを帯びている。

ヒトの場合、動脈血は、肺から肺静脈を通って心臓左心房に入る。そこから左心室に行き、大動脈を通って心臓から出て、身体の各部位に酸素を供給する。

血管動脈静脈の別は心臓から出るか心臓に向かうかで分けられているが、血液の動脈血、静脈血の別は、肺から出るか肺に向かうかの別で分けられるため、肺静脈を動脈血が、肺動脈を静脈血が流れるという言葉の上での矛盾が生じる。


参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集