メインメニューを開く

勝山公園 (仙台市)

勝山公園(かつやまこうえん)は、宮城県仙台市青葉区上杉にある都市公園である。愛宕上杉通北四番丁通りの交差点に面しており、「上杉通り」「北四番丁」の道標がある。かつての商家の庭園が公園になったものであり、園内にあるケヤキカエデスギサクラの大木が庭園当時の面影を今に伝えている[1]。勝山公園の名称は勝山酒造に由来する。

勝山公園
KatsuyamaPark-SEview.jpg
上杉通りと北四番丁の交差点からのながめ
分類 都市公園 > 基幹公園 > 住区基幹公園 > 街区公園
所在地
座標 北緯38度16分24.0秒
東経140度51分84.0秒
面積 0.4418ha
設備・遊具 彫像、ベンチ、水飲み場、植栽、照明灯
すべり台ブランコ鉄棒ジャングルジム
駐車場 なし。周辺の民間有料駐車場を利用。
バリアフリー バリアフリー公衆トイレ
告示 1914年大正3年)

目次

歴史編集

勝山公園は、西公園榴岡公園についで仙台市内で3番目に古い歴史を持つ公園である[1]

この公園の区画はもともと、仙台城下町の豪商江戸時代元禄年間(1688年から1704年)から酒造を営んでいた「伊澤家」の敷地だった。1914年大正3年)に、勝山酒造[2]を営んでいた伊澤平左ェ門(いさわ へいざえもん)が私苑の一部を市民に開放したのが公園としての始まりである[1][3]

1918年(大正7年)の米騒動の際に、勝山酒造を襲撃すべく暴徒がこの公園に集結したが、ここが勝山酒造が開放している公園であったことに気づき、襲撃を止めたという。

1928年昭和3年)に伊澤家は仙台市にこの公園を寄贈した[3]

 
1927年(昭和2年)頃の仙台市および近郊地図。勝山公園はこの当時「日曜公園」の名称で図示されている(地図の中央からやや上の部分)。

周辺編集

勝山公園の周辺には勝山酒造を含む勝山グループの企業が集中している。勝山公園に隣接する「勝山館」は、明治時代から皇族や政府の要人が仙台に滞在する際の迎賓館、宿となっていた。また、仙台での園遊会や美術展覧会のサロンとしても供せられていた。しかし、太平洋戦争中の仙台空襲でかつての建物は焼失した。他方、勝山酒造の酒蔵は焼失から逃れ、江戸時代蔵造り建築の風情を現在まで残している。この景観は仙台市の第1回都市景観賞を受賞しており、これに合わせて勝山公園内の公衆トイレの外観は蔵造りとなっている。

アクセス編集

2001年平成13年)頃までは北四番丁通り沿いに仙台市営バスの「勝山公園前」バス停が存在したが、現在は市営バスが北六番丁経由へ経路変更したため現存しない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 勝山公園”(仙台市)2018年10月18日閲覧。
  2. ^ 現在の正式の社名は仙台伊澤家勝山酒造株式会社。
  3. ^ a b 『仙台市史2』本篇2、378頁。

参考文献編集

  • 仙台市史編纂委員会 『仙台市史2』本篇2、仙台市、1955年。

関連項目編集

外部リンク編集