メインメニューを開く

勝山村 (山梨県)

かつて山梨県南都留郡にあった村

勝山村(かつやまむら)は、かつて山梨県南都留郡にあった

かつやまむら
勝山村
廃止日 2003年11月15日
廃止理由 新設合併
河口湖町勝山村足和田村富士河口湖町
現在の自治体 富士河口湖町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
都道府県 山梨県
南都留郡
団体コード 19427-1
面積 4.26km2
総人口 2,502
(国勢調査、2000年10月1日)
隣接自治体 河口湖町足和田村鳴沢村
村の木 富士ザクラ
村の花 ミツバツツジ
村の鳥 セキレイ
勝山村役場
所在地 401-0310
山梨県南都留郡勝山村298
KatsuyamaVil-YamanashiPref.png
 表示 ウィキプロジェクト

2003年11月15日、南都留郡河口湖町足和田村とともに合併して富士河口湖町勝山地区となった。

地理編集

県南部、郡西部に位置し、南北に細長い帯状の町域。県内では最も行政区域が小さい。北面に河口湖を望み、南は富士山裾野の原野が広がる。湖畔に冨士御室浅間神社の里口があり、本宮がある富士山北口二合目は飛び地となっている。

歴史編集

近世には勝山村1か村が成立する。生業はわずかな畑作織物生産のほか、富士山麓の入会地林業などの山稼ぎが中心であった。農間余業として竹製品の製造や、夏期には富士二合目で金剛杖の販売を行っていた。

1881年(明治14年)には林野官民有地区分により入会地が官収され、山稼ぎは制限される。その後は養蚕のほかジャガイモトウモロコシの栽培が行われる。1912年(明治45年)には官有林が山梨県に譲渡され恩賜林となり、4か村で恩賜県有財産保護組合を結成し、入会地の管理運営にあたった。大正から昭和初年にかけて交通機関整備が行われ、1929年(昭和4年)には足和田村の西湖から湖南上水道が引かれ飲用水が確保された。戦中には食料増産のため水田が造成され、戦後には高原野菜の栽培地に変化する。また、1938年(昭和13年)に富士ビューホテルが建設されて以来、観光産業にも力を入れている。

沿革編集

教育編集

  • 村立勝山小学校
  • 村立勝山中学校

交通編集

観光編集

関連項目編集