メインメニューを開く

勝山駅

日本の福井県勝山市にあるえちぜん鉄道の駅
画像提供依頼:京福電鉄時代の駅舎・構内の画像提供をお願いします。2015年3月

勝山駅(かつやまえき)は、福井県勝山市遅羽町比島にあるえちぜん鉄道勝山永平寺線で同線の終着駅である。駅番号E23

勝山駅
勝山駅駅舎
勝山駅駅舎
かつやま
Katsuyama
E22 比島 (1.4km)
所在地 福井県勝山市遅羽町比島34-2-7
駅番号 E23
所属事業者 えちぜん鉄道
所属路線 勝山永平寺線
キロ程 27.8km(福井起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線(乗降は2面2線のみ)
乗車人員
-統計年度-
380人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1914年(大正3年)3月11日
備考 有人駅
テンプレートを表示

目次

歴史編集

駅構造編集

昔ながらの風情のある駅で、映画ロケーション撮影などにも使用されたことがある。

駅舎編集

小荷物の一時預かり所が機能する。駅舎は1914年大正3年)開業以来のもので、2004年平成16年)2月17日登録有形文化財[3]に登録された。2013年には内観の一部を建設時の吹き抜けに戻す等改修工事が行われた[2]

ホーム編集

駅舎に隣接する単式ホーム1線と島式ホーム1面2線の計2面3線を有する。以前はラッシュ時を除いて前者が使用されていたが、2005年(平成17年)4月1日のダイヤ改正で、1・2番線を交互に使用するようになった[4]。島式ホームの待合所も駅舎と合わせて登録有形文化財[5] に登録されている。

3番線は営業列車の発着には使用されず、保線機械などが留置される。

線路は駅を過ぎて100メートル先まで続いているが、これは京福大野駅まで伸びていたときの名残であり、当該区間の廃止後は留置線として使用されている。

この留置線を使って夜間滞泊も設定されていて、停止位置目標が設置されている。

その他編集

近辺に駐輪場駐車場(190台)をもち、無料レンタサイクル(17台)も実施されている。

バス・乗り合いタクシーのりば編集

勝山市発着の全公共交通機関が、駅前ロータリーの「勝山駅前」停留所を発着している。

駅の北約1.5kmの勝山市街中心部にあり市役所からも近い「サンプラザ前」停留所との間は、いずれかの路線が勝山駅を発着するすべての営業列車と接続している。

コミュニティバスを除くほとんどの路線名が、行先となる郊外地区名(市制施行前の旧村名)を表している。路線名となっていない村岡町へはコミュニティバスをはじめ多くの路線が途中経由し、北郷町へは一般路線バスの勝山大野線の一部が向かっている。

駅舎直近が3番のりば、ロータリー出口に向かって2番、1番のりばとなっている。

1番のりば
2番のりば
  • 勝山市乗り合いタクシー
    • (4) 荒土線 新道ゆき
    • (9) 野向線 北野津又・薬師神谷ゆき
  • 勝山市市内観光バス「恐竜バス"ダイナゴン"」※土曜・日曜・祝日・春休み及び夏休みの平日運行
3番のりば

利用状況編集

「勝山市統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2003年 301
2004年 338
2005年 359
2006年 349
2007年 346
2008年 350
2009年 335
2010年 339
2011年 329
2012年 341
2013年 322
2014年 346
2015年 395
2016年 407
2017年 388
2018年 380

駅周辺編集

 
勝山橋

勝山市の玄関口となる駅であるが、市街中心部とは対岸の九頭竜川の西側にあるため、駅周辺は大阪特殊合金の工場と駅前商店のみである。市街中心部および周辺の観光地に行くには駅近くの九頭竜川に架かる勝山橋を渡る。

  • 勝山市役所
  • 勝山橋
  • 勝山郵便局
  • 福井県立恐竜博物館 - 駅からコミュニティバス「ぐるりん」(所要16分、1日6往復、土休は5往復増便)、恐竜バス「ダイナゴン」(1日5往復)、またはタクシー。このほか、コミュニティバスが無い時間帯に同館など、市内観光地を結ぶデマンドバスも存在するが運賃は大人500円・小人300円となっている。また、当駅での乗車券購入と、乗車1時間前までの予約を要する。
  • 越前大仏(清大寺) - 駅からバス10分

隣の駅編集

えちぜん鉄道
勝山永平寺線
快速(上りのみ運転)
発坂駅 (E21) ← 勝山駅 (E23)
普通
発坂駅 (E21) - (※)比島駅 (E22) - 勝山駅 (E23)
(※)一部の普通列車は比島駅に停車しない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 資料1 勝山駅前広場の完成について WEB勝山 2013年11月閲覧
  2. ^ a b えち鉄勝山駅、昭和モダン復活 改修工事完了、19日に記念式典”. 47NEWS. 2015年2月15日閲覧。
  3. ^ 文化遺産データベース えちぜん鉄道勝山駅本屋”. 文化庁. 2015年11月28日閲覧。
  4. ^ 1番線に電車が到着すると、2番線の電車が出発し、2番線の電車が到着すると、1番線の電車が出発するダイヤ構成となっている。
  5. ^ 文化遺産データベース えちぜん鉄道勝山駅ホーム待合所”. 文化庁. 2015年11月28日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集