メインメニューを開く

勝崎館(かつざきかん)は、石川県河北郡津幡町にある、旅館宿泊施設。住所は石川県河北郡津幡町庄イ2-1。

勝崎館
KATSUZAKIKAN
Katsuzakikan2017-02.jpg
種類 個人経営
市場情報 非上場
略称 勝崎館
業種 サービス業
事業内容 旅館業
代表者 勝崎猛(代表)
関係する人物 勝崎正夫(先代)
外部リンク 勝崎館グループ
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1889年(明治22年) - 津幡温泉開湯に伴い、当初は湯座屋として開業。
  • 1912年(大正元年) - 料理旅館へ経営拡大し、この時勝崎館と名称を変更。
  • 1950年(昭和25年) - 富来町風無の豪商永野家の別邸を買い取り、勝崎館の横に移築。
  • 1964年(昭和39年) - 火災により本館と入浴施設が焼失。
経営存続の危機となったが再興を決意。堅牢な近代ビルディングの本館を建設し、その後浴場、座敷、庭園などを整備し現在の規模に拡大。
  • 2003年(平成15年) - 源泉が枯渇する。旅館より200mほど離れた場所から引湯していた。その後は月1回程度、入浴剤を利用したコエンザイムQ10風呂などのイベント風呂を実施。
津幡温泉の看板を下ろし「勝崎の湯」と改称。
  • 2006年(平成18年)1月2日 - 先代社長であった勝崎正夫が死去。
  • 2008年(平成20年)7月31日 - ホールの営業終了。
  • 2008年(平成20年)8月8日 - 日本料理「原点 GENTEN」オープン。
  • 2009年(平成21年)11月 - 先代大女将であった勝崎幸が死去。
  • 2011年(平成23年) - 無線LANを導入。
  • 2012年(平成24年) - 日本庭園を枯山水に改装。長年、池に賑わいを与えていた達は津幡町清水の堤に放流。
  • 2012年(平成24年)12月24日 - コンベンションホール「彩鳳」オープン。
  • 2013年(平成25年)- 新浄水器を導入。これまでに無いコーヒーの提供を始める。
  • 2014年(平成26年)5月- 新料理長就任。これまで以上に独創的かつ繊細な料理の提供を始める。
  • 2014年(平成26年)12月22日- 玄関をリニューアルし、「かつざきロビーギャラリー由(YOU)」を新設。「由」の由来は、勝崎館元社長の由太郎氏の名前より。同時に廊下に床暖房を導入し、今までより更に暖かい空間の提供を行う。
  • 2016年(平成28年)2月17日- 石川県商工会連合会より、「平成27年度 いしかわ商工会ベスト店賞」を受賞。
  • 2017年(平成29年)- 石川県の補助金を活用し、駐車場を大型観光バスも駐車できるように改修。

アクセス編集

勝崎の湯編集

  • 公衆浴場/14:00~22:00(年中無休)
  • 料金:大人440円、小学生:130円、幼児:50円 (2014年8月1日改定)

周辺スポット編集

名所・旧跡編集

神社編集

その他スポット編集

外部リンク編集