メインメニューを開く

東映不思議コメディーシリーズ > 勝手に!カミタマン
東映不思議コメディーシリーズ
  題名 放映期間
1 ロボット8ちゃん 1981年10月-翌年09月
2 バッテンロボ丸 1982年10月-翌年09月
3 ペットントン 1983年10月-翌年08月
4 どきんちょ!ネムリン 1984年09月-翌年03月
5 勝手に!カミタマン 1985年04月-翌年03月
6 もりもりぼっくん 1986年04月-同年12月
7 おもいっきり探偵団
覇悪怒組
1987年01月-同年12月
8 じゃあまん探偵団
魔隣組
1988年01月-同年12月
9 魔法少女
ちゅうかなぱいぱい!
1989年01月-同年07月
10 魔法少女
ちゅうかないぱねま!
1989年07月-同年12月
11 美少女仮面
ポワトリン
1990年01月-同年12月
12 不思議少女
ナイルなトトメス
1991年01月-同年12月
13 うたう!大龍宮城 1992年01月-同年12月
14 有言実行三姉妹
シュシュトリアン
1993年01月-同年10月

勝手に!カミタマン』(かってにカミタマン)は、1985年4月7日から1986年3月30日までフジテレビ系で全51話が放送された特撮テレビ番組で、東映不思議コメディーシリーズ第5作目。

勝手に!カミタマン
ジャンル テレビドラマ
原作 石森章太郎
企画 前田和也(フジテレビ)
木村京太郎(読売広告社)
平山亨(東映)
脚本 寺田憲史 ほか
監督 田中秀夫 ほか
出演者 田中真弓(声)
岩瀬威司
林美穂
石井愃一
大橋恵里子
オープニング 「カッテにカミタマン」
エンディング 「スーパーヒーローになりたいな」
プロデューサー 遠藤龍之介(フジテレビ)
植田泰治・西村政行(東映)
制作 フジテレビ
放送
音声形式 モノラル / シネテープ
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1985年4月7日 - 1986年3月30日
放送時間 日曜9:00 - 9:30
放送枠 東映不思議コメディーシリーズ
放送分 30分
回数 51

特記事項:
東映不思議コメディーシリーズ」第5作

目次

あらすじ

スーパーヒーローにあこがれる根本伸介少年は偶然にも神様の「カミタマン」と出会う。彼の力で念願の「ザ・ネモトマン」というヒーローに変身する伸介だったが、今ひとつパッとしない本人の性格もあって毎回ご町内に大騒動が起こるのだった。

概要

ペットントン』『どきんちょ!ネムリン』から続く動物・ペット路線だが[1]、本作品では主人公の少年がヒーローに変身するという要素が加わっており、数々のヒーロー番組を制作してきた東映・石ノ森章太郎による当時としては斬新なヒーロー番組のパロディ作品となっている[2][3][注 1]

メインキャラクターのカミタマンは、前作のネムリンに引き続きマペットで表現されている[3]。歩行ギミックやラジコンによる表情の変化などより豊かな感情表現が可能となっている[4]

出演

声の出演

ゲスト

スタッフ

主題歌

放送リスト

  1. ギョ!お湯から神様(1985年4月7日)
  2. 突然!トロピカル神社(1985年4月14日)
  3. ザ・対決 とらばる聖子(1985年4月21日)
  4. タタリの怪人 タタリ君(1985年4月28日)
  5. 夢のカミタン島ツアー(1985年5月5日)
  6. 必殺!スカートめくり(1985年5月12日)
  7. ドキッ!パパの大変身(1985年5月19日)
  8. 激愛!タタリの青春(1985年5月26日)
  9. 三流神さま山田くん登場(1985年6月2日)
  10. 涙の横山 純愛物語(1985年6月9日)
  11. 戦え!思いブラザーズ(1985年6月16日)
  12. ノロイ君都会へ(1985年6月23日)
  13. 爆発ゲートボール軍団(1985年6月30日)
  14. 親孝行の三大原則(1985年7月7日)
  15. 怒りの冷しハンバーグ(1985年7月14日)
  16. お化けより愛をこめて(1985年7月21日)
  17. 爆笑!海賊おじさん(1985年7月28日)
  18. みんなの迷惑 夏バテ君(1985年8月4日)
  19. 長寿庵の中華三兄弟(1985年8月11日)
  20. 末は博士かダメパパか(1985年8月18日)
  21. ネクラ怪獣モスガ登場(1985年8月25日)
  22. 佃煮博士のモスガ退治(1985年9月1日)
  23. 届け!モスガの愛の歌(1985年9月8日)
  24. かぐや姫の燃える初恋(1985年9月15日)
  25. 扇風機はひとりぼっち(1985年9月22日)
  26. 佃煮博士の秘密指令(1985年9月29日)
  27. はばたけ!演歌の星(1985年10月6日)
  28. ネモトマン 涙の兄妹愛(1985年10月13日)
  29. タタリの宇宙大戦争(1985年10月20日)
  30. タクアンの西海岸物語(1985年10月27日)
  31. ほえろ恐怖の佃煮爆弾(1985年11月3日)
  32. 発覚!? ネモトマンの謎(1985年11月10日)
  33. ママのオシャレ大作戦(1985年11月17日)
  34. 恐怖の神様ハンター(1985年11月24日)
  35. 突撃じいちゃん 涙の恋(1985年12月1日)
  36. ザンゲ!気まぐれ神様(1985年12月8日)
  37. 年に一度の片思い(1985年12月15日)
  38. 取り戻せ!パパの権力(1985年12月22日)
  39. モスガの勉強大好き(1986年1月5日)
  40. 横山の必殺遊び人物語(1986年1月12日)
  41. 神様は太りすぎ?(1986年1月19日)
  42. 新兵器!同情スプレー(1986年1月26日)
  43. ただいまモスガ冬眠中(1986年2月2日)
  44. 伸介はできんボーイ(1986年2月9日)
  45. 謎の地底大探検(1986年2月16日)
  46. のばなし怪人ハル一番(1986年2月23日)
  47. 恋するフランス人形(1986年3月2日)
  48. これが噂の佃煮マン!(1986年3月9日)
  49. 若様のタイムスリップ(1986年3月16日)
  50. ネモトマンは伸介(1986年3月23日)
  51. さらば!カミタマン(1986年3月30日)

視聴率

  • 最高視聴率:17.8%(東映不思議コメディーシリーズ歴代8位)

ビデオリサーチ調べ、関東地区

映像ソフト化

2008年7月21日発売の「石ノ森章太郎 生誕70周年 DVD-BOX」に第1話が収録され、初のソフト化となった。

漫画

脚注

注釈

  1. ^ 「根本少年が変身するネモトマン」という設定は前々作『ペットントン』でも用いられており、「全怪獣怪人 下巻」では本作品は『ペットントン』のネモトマンを発展させたものだとする見解を示している[2]

出典

  1. ^ 常識 2013, pp. 120、148.
  2. ^ a b 全怪獣怪人 下 1990, p. 401
  3. ^ a b 「ヒーローファイル 勝手に!カミタマン」『甦る!石ノ森ヒーローファイル』Gakken〈Gakken Mook〉、2013年9月10日、85頁。ISBN 978-4-05-610166-9
  4. ^ 常識 2013, p. 120.
  5. ^ 常識 2013, p. 123.

参考文献

フジテレビ 日曜朝9時 - 9時30分枠(1985年4月 - 1986年3月)
前番組 番組名 次番組
勝手に!カミタマン