メインメニューを開く

勝木 保次(かつき やすじ、1905年11月28日 - 1994年3月6日)は、生理学者文化勲章受章者[1]聴覚の研究に大きく貢献した[1]

目次

人物編集

石川県小松生まれ[1]第三高等学校東京帝国大学医学部卒業[1]。当初は耳鼻科を専攻していたが、橋田邦彦生理学教室に移る[1]。1949年東京医科歯科大学教授[1]、1971年に定年退職後に鶴見大学歯学部教授。1974年に東京医科歯科大学学長に就任[1]し、1977年まで務める。1972年日本学士院会員[1]。1977年生物科学総合研究機構長に就任[1]し、1981年まで務めた。

1948年 東京大学 医学博士。論文は「日本語母音の構成と口腔及び附属管腔の研究」[2]

母音解析や魚類、哺乳類等の聴覚の研究から脳の聴覚機構を研究する。兄に労働科学研究所長の勝木新次がいる。

受賞・栄誉編集

著書編集

  • 『声ときこえ 音響生理学の新分野』高山書院(若い人の文化叢書)1949
  • 『聴覚生理学への道』紀伊国屋新書 1967

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 三浦種敏「追悼文 勝木保次先生」、『日本音響学会誌』第50巻第6号、日本音響学会、1993年、 423-424頁、 doi:10.20697/jasj.50.6_423
  2. ^ 博士論文書誌データベース

外部リンク編集