勝本町

勝本町(かつもとちょう)は長崎県壱岐郡にあった町。1935年の町制施行前は香椎村(かしいむら)と称した[1]。1955年に鯨伏村と合併し新町制の勝本町発足後、2004年3月1日に郷ノ浦町芦辺町石田町と合併し市制施行、壱岐市となり自治体としては消滅した。

かつもとちょう
勝本町
廃止日 2004年3月1日
廃止理由 新設合併・市制施行
郷ノ浦町勝本町芦辺町石田町壱岐市
現在の自治体 壱岐市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
壱岐郡
団体コード 42422-6
面積 29.51km2
総人口 6,761
推計人口、2004年2月1日)
隣接自治体 郷ノ浦町、芦辺町
町の木 ツバキ
町の花 サツキ
勝本町役場
所在地 811-5521
長崎県壱岐郡勝本町西戸触182番地の5
外部リンク 勝本町(アーカイブ版)
座標 北緯33度50分54.7秒
東経129度41分35.6秒
 表示 ウィキプロジェクト
壱岐市勝本市街遠景

目次

地理編集

壱岐島の北西部に位置する。

  • 山:神岳、神通の辻、城山、火箭の辻、岳の山、本宮山
  • 島嶼:辰ノ島、若宮島、名烏島、手長島、黒ヶ島、雪の島
  • 河川:谷江川、御手洗川、松田川、ノミ長川、打田川、平川、當山川、初尾川、高松川、刈田院川、二ノ坂川、坂様川
  • 港湾:勝本港、タンス浦、湯ノ本湾、片苗湾

歴史編集

旧来の勝本町域の一帯について、古代から中世の時代は「香椎郷」と称したとされる。1889年に可須村と新城村が合併し地方公共団体として発足した際に採用された「香椎」の村名は、上記の郷名より名付けられた[2]

地域編集

地名編集

触・浦を行政区域とする。旧勝本町・旧鯨伏村時代は触・浦の名称に大字を冠していたが、1955年の合併時に大字を廃止した。その際に一部の触・浦が改称している。

旧勝本町(香椎村)

1955年2月10日まで「可須(かす)」「新城(しんじょう)」の2大字が存在した。

大字可須

  • 大久保触
  • 勝本浦
  • 西戸触(さいど)
  • 坂本触
  • 仲触
  • 東触

大字新城

  • 片山触
  • 北触
  • 東触 → 新城東触
  • 西触 → 新城西触


鯨伏村

鯨伏村時代は「立石(たていし)」「本宮(ほんぐう)」の2大字が存在した。大字の区域及び改称前の触・浦の詳細は鯨伏村#地名を参照。

  • 上場触(うわば)
  • 立石仲触
  • 立石西触
  • 立石東触
  • 立石南触
  • 布気触(ふけ)
  • 本宮仲触
  • 本宮西触
  • 本宮東触
  • 本宮南触
  • 湯本浦(ゆのもと)
  • 百合畑触

教育編集

姉妹都市・提携都市編集

1994年5月24日河合曾良生誕の地と終焉の地としての縁で友好都市提携を結び、合併後の2005年10月15日に、再び姉妹都市提携をした。

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

名所・旧跡・観光スポット編集

 
壱岐市勝本朝市

祭事・催事編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 長崎縣告示第八號 村の名称変更の件 長崎県公報 昭和10年1月11日付
  2. ^ 『長崎県壱岐石田郡村要覧』香椎村 沿革
  3. ^ 文永の役新城古戦場 長崎県の文化財

関連項目編集

外部リンク編集