メインメニューを開く

勝田町(かつたちょう)は、かつて岡山県勝田郡に存在した。岡山県の北東部に位置し、鳥取県と県境を接していた。合併により美作市となり、旧町役場は美作市役所勝田総合支所となっている。

かつたちょう
勝田町
廃止日 2005年3月31日
廃止理由 新設合併
勝田町美作町大原町作東町英田町東粟倉村美作市
現在の自治体 美作市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
勝田郡
団体コード 33621-1
面積 87.29km2
総人口 3,590
(2004年10月1日)
隣接自治体 美作町、作東町、大原町、西粟倉村勝央町奈義町鳥取県若桜町
町の木 スギ
町の花 ユリ
勝田町役場
所在地 707-0113
岡山県勝田郡勝田町真加部1616
旧勝田町役場庁舎位置(現・勝田総合支所)

美作市役所勝田総合支所(旧・勝田町役場)
外部リンク 勝田町(旧)(Internet Archive)
勝田町(新)(Internet Archive)
座標 北緯35度4分24.4秒
東経134度11分28.0秒
勝田町.png
特記事項=
 表示 ウィキプロジェクト

目次

概要編集

中国山地に位置し、町域の大半は山林で占められている。町の北部にはトム・ソーヤー冒険村があり、キャンプ・渓流釣りなどを行うことができる。

歴史編集

沿革編集

  • 1889年(明治22年)6月1日 - 町村制施行に伴い勝北郡大町村、小畑村、久賀村、河内村、真加部村、矢田村、余野村が合併、勝田村が発足。
  • 1890年(明治33年)4月1日 - 勝北郡が勝南郡と合併して勝田郡となる。
  • 1940年(昭和15年)11月3日 - 町制を施行し勝田町となる。
  • 1954年(昭和29年)3月31日 - 勝田郡吉野村大字豊久田の内、杉原地区を編入。吉野村の残部は他町村と合併して勝央町を新設。
  • 1954年(昭和29年)11月1日 - 英田郡粟広村大字長谷内・馬形・宗掛を編入。粟広村の残部は英田郡美作町へ編入。
  • 1955年(昭和30年)1月1日 - 梶並村と合併し新・勝田町となる。
  • 2005年(平成17年)3月31日 - 英田郡美作町作東町英田町大原町東粟倉村との合併(新設合併)により美作市となる。

行政編集

  • 勝田町役場(現・美作市役所勝田総合支所)
    • 梶並支所(現・美作市役所勝田総合支所梶並出張所)

教育編集

  • 勝田町立勝田小学校
  • 勝田町立勝田東小学校
  • 勝田町立梶並小学校
  • 勝田町立勝田中学校

現在は各校とも美作市立。

交通編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集