勝義諦

勝義諦(しょうぎたい、: paramārtha satya, パラマールタ・サティヤ: paramattha sacca, パラマッタ・サッチャ[要出典]とは、仏教において、言葉を超え、世俗・世間の判断を超えた究極的な最高の真理のこと[1]。仏教の目ざす悟り、すなわち涅槃を指す[1]真諦ともいう[1]世俗諦の語とともに用いられる仏教用語であり、世俗諦と合わせて二諦とされる以外は、解釈にさまざまな説がある。[要出典]

目次

概要編集

勝義諦の語は部派仏教時代の阿含経には現れないが、部派の論蔵毘曇部)では世俗諦の語とともにすで見られる[2]

テーラワーダ仏教編集

テーラワーダ仏教においては、主に「世界」を構成する不変・恒常の「」(ダルマ)のことを指し[3][出典無効]、それ以外についての世俗的・恣意的・瑣末的な概念施設(せせつ)・仮設(けせつ)・仮名(けみょう))群と対比される[4]

大乗仏教編集

天台編集

天台教学を確立した天台智顗[5]、二諦、三諦空観仮観中観を説いた『摩訶止観』の中で[6]、世俗諦と勝義諦の語を全く用いずに二諦を説いた[7]

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c 勝義(しょうぎ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2017年7月21日閲覧。
  2. ^ 勝義諦 (阿含部・毘曇部), 勝義諦 世俗諦 (阿含部・毘曇部) - 大正新脩大蔵経テキストデータベース。
  3. ^ アビダンマッタサンガハ用語解説 - 日本テーラワーダ仏教協会 p3。
  4. ^ アビダンマッタサンガハ用語解説 - 日本テーラワーダ仏教協会 p69。
  5. ^ 智顗 - コトバンク。
  6. ^ 二諦 三諦 空観 仮観 中観 - 大正新脩大蔵経テキストデータベース。
  7. ^ 世俗諦(諸宗部-摩訶止觀), 勝義諦(諸宗部-摩訶止觀) - 大正新脩大蔵経テキストデータベース。※「世俗」の語は3回用いられている。

関連項目編集