勝負をつけろ』(かたをつけろ、Un nommé La Rocca)は、1961年フランスイタリアサスペンス映画。 監督はジャン・ベッケル、出演はジャン=ポール・ベルモンドクリスティーネ・カウフマンなど。 ジョゼ・ジョヴァンニの1958年の小説『ひとり狼(原題:L’Excommunié)』を原作とし、原作者であるジョヴァンニがベッケル監督と共同で脚本を担当している。 なお、原作小説はジョヴァンニが、若い時にペルピニヤン・サンテ監獄で知り合った実在の一匹狼をモデルにして執筆した作品である[1]。 また、後に原作者のジョヴァンニが自ら監督し、同じくジャン=ポール・ベルモンド主演で『ラ・スクムーン』(1972年)として再映画化されている。

勝負をつけろ
Un nommé La Rocca
監督 ジャン・ベッケル
脚本 ジャン・ベッケル
ジョゼ・ジョヴァンニ
原作 ジョゼ・ジョヴァンニ
『ひとり狼』
製作 アドリー・ドゥ・カルビュッシア
ローラン・ジロー
製作総指揮 ルネ・ガストン・ヴュアトゥー
出演者 ジャン=ポール・ベルモンド
クリスティーネ・カウフマン
音楽 クロード・ノルマン
撮影 ギスラン・クロケ
編集 デニース・デ・カサビアンカフランス語版
製作会社 Da Ma Produzione
Les Films du Cyclope
配給 フランスの旗 パテ
日本の旗 映配
公開 フランスの旗 1961年11月17日
イタリアの旗 1962年3月27日
日本の旗 1962年8月15日
上映時間 105分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

ストーリー編集

山師で銃の使い手でもあるロベルト・ラ・ロッカは無実の殺人の罪で逮捕された親友のグザビエ・アデを救うためにマルセイユにやって来た。アデを陥れた男の情婦モードをたらし込み、その男ビラノバを探し出す。 自分の女を寝取られたビラノバはロッカを殺そうとするが、逆にロッカに撃ち殺される。 ビラノバの店と部下をまんまと手に入れたロッカ。 しかし、モードに任せた店に「みかじめ料」を要求して来たアメリカ人グループともめたことから、相手を射殺。自分も腹を撃たれ、逮捕される。

アデと同じ刑務所に収監されたロッカは、刑期を短くしてもらえるという理由でアデとともに地雷の撤去作業に加わる。 何人もの囚人が事故で爆死する中、アデはロッカの代わりに難しい状態にある地雷の撤去作業を行うが、誤って爆発させてしまい、左手を失う。

出所したロッカとアデは、アデの妹ジュヌヴィエーヴと3人で暮らし始める。 気に入った農場を見つけたが金がない。 アデはかつて自分を売ったネバダを脅迫して金をせしめるが、ネバダはロッカとジュヌヴィエーヴのもとに子分を送り、金を取り戻そうとする。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替(初回放送1972年1月29日『土曜映画劇場』)

出典編集

外部リンク編集