勝部真長

日本の倫理学者
勝部 真長
(かつべ みたけ)
誕生 (1916-03-30) 1916年3月30日
東京牛込
死没 (2005-06-19) 2005年6月19日(満89歳没)
職業 大学教授倫理学
最終学歴 東京大学大学院修士課程修了
活動期間 1942年 - 2003年
ジャンル 倫理学道徳道徳教育東洋思想
主題 勝海舟勝小吉蓮沼門三和辻哲郎山岡鉄舟
代表作 『道徳教育』(年)
『日本人の思想体験』(年)
『和辻倫理学ノート』(年)
主な受賞歴 勲二等瑞宝章(1989年)
テンプレートを表示

勝部 真長(かつべ みたけ、1916年3月30日 - 2005年6月19日)は、日本の倫理学者。お茶の水女子大学名誉教授

目次

略歴編集

東京牛込生まれ。1940年東京帝国大学倫理学科卒業、1948年同大学院修士課程修了。和辻哲郎に師事する。日本出版会に勤めた後、東大副手、講師を務める。1963年文部省在外研究員としてドイツ、英国に留学。お茶の水女子大学教授を務めた。定年退官後は上越教育大学教授。1981年中央教育審議会委員、1985年総務庁青少年問題審議会副会長。1989年勲二等瑞宝章受章。ほかに、日本道徳教育学会会長、日本倫理学会会長、政教関係を正す会会長、海上自衛隊幹部学校講師、日本を守る国民会議(現:日本会議)代表委員を務めた。

戦後の道徳教育の再建に中心的な役割を果し、和辻哲郎の系譜上に立ち、勝海舟など武士道の系譜をひく道徳の見直しに務め、一般には復古的保守道徳家と見られる。

著書編集

  • 道徳教育 金子書房 1951
  • 道徳教育ノート 教師と親の心構え 大阪教育図書 1958
  • 特設「道徳」の考え方 特設時間の問題点 大阪教育図書 1958
  • 家庭の道徳 家政教育社 1959
  • 「道徳」時間の運営と展開 その理念と具体的方法について 大阪教育図書 1960
  • 新道徳教育ノート 文教書院 1963
  • 道徳指導の基礎理論 日本教図 1967
  • 道徳性と宗教性 明治図書出版 1968
  • 道徳と生活指導 第一法規出版 1968
  • 「和論語」の研究 至文堂 1970
  • 海舟覚え書 エルム 1974
  • 小学生をもつ親の本 たくましい子を育てる 集養団出版部 1974
  • わたしの教育ノート 文教書院 1976
  • わたしの人生ノート 文教書院 1976
  • 知られざる海舟 東京書籍 1977
  • 日本思想の分水嶺 勁草書房 1978
  • 王者と道化師 経済往来社 1978
  • 和辻倫理学ノート 東京書籍 1979
  • 日本人の思想体験 角川選書 1979
  • 勝海舟 国土社 1980
  • 生き生き子育て論 玉川大学出版部 1981
  • 「道徳」時間の研究 国土社 1983
  • 統率の原理と心術 啓正社 1983。「上に立つ者の論理」PHP文庫
  • のびのび子育て論 玉川大学出版部 1984
  • 職業倫理 自由社会のバックボーンを求めて 立花書房 1985
  • 青春の和辻哲郎 中公新書 1987。のちPHP文庫
  • 西郷隆盛 幕末・維新の群像 PHP研究所 1990。のちPHP文庫
  • 勝海舟(上下) PHP研究所 1992、新版(上中下) 2009
  • 改革者たち 上杉鷹山から二宮尊徳まで プレジデント社 1993
  • 忠臣蔵と日本人 日本的心情の回帰点 PHP研究所 1994
  • 大石内蔵助を見直す 学生社 1997

編纂・共著等編集

  • 私達はどう生きるか 十代からの道徳 堀秀彦共著 専門図書 1958
  • 西洋の倫理 宝文館 1959
  • 記憶録 西村茂樹遺稿 日本弘道会 1961
  • ドイツ留学のすすめ 評論社 1967
  • 勝海舟自伝 氷川清話 広池学園出版部 1967。のち角川文庫
  • 夢酔独言 勝小吉 平凡社東洋文庫 1969。のち平凡社ライブラリー
  • 武士道 山岡鉄舟 廣池学園事業部 1969。のち大東出版社、「山岡鉄舟の武士道」角川文庫
  • 勝海舟全集 松本三之介大口勇次郎と共編 勁草書房 1970-77。全24巻
  • おんなの四季 女妻母主婦をどう生きる ぎょうせい 1976
  • ヒューマン・ソサエティ 倫理学から政治学へ B.ラッセル 長谷川鉱平共訳 玉川大学出版部 1981
  • 新訂 海舟座談 巌本善治編・校注 岩波文庫 1983
  • 政治倫理とは何か 至文堂・現代のエスプリ218 1985
  • 江戸とは何か4 至文堂・現代のエスプリ別冊 1986
  • 臨教審と教育基本法 至文堂・現代のエスプリ別冊 1986
  • おれの話を心して聞け 勝海舟を育てた父夢酔の実践訓 力富書房 1988
  • 海舟余録 「掌記」・「詠草」を読む PHP研究所 1996

脚注編集

参考文献編集

外部リンク編集