メインメニューを開く

勝馬』(かちうま)は、東京都を拠点とする、関東を中心とした中央競馬南関競馬予想専門紙

勝馬
販売されている勝馬(右列下から2番目)
種類 競馬新聞
(中央版は原則中央競馬開催日前日、南関東版は日曜日から木曜日まで)
サイズ ブランケット判

事業者 立馬株式会社
本社 東京都千代田区九段北4-1-14
代表者 山崎哲二郎
創刊 1962年(昭和37年)
言語 日本語
価格 1部 (紙版)500円
(コンビニプリント版)
当日全レース掲載版500円
レース単位で選択の場合1レースにつき62円
(PDF新聞)
当日全レース掲載版500円
前後半6レースセット各312円
レース単位で選択の場合1レースにつき62円
外部リンク http://www.kachiuma.co.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

発行元は立馬株式会社。中央競馬版については、毎週中央競馬開催日(原則として土・日曜日)の前日夕刻より東日本を中心に主要駅売店・コンビニエンスストア競馬場場外勝馬投票券発売所(ウインズ)の新聞売店にて販売されている。また南関東地方競馬版も発行している。

中央版の関西以西の情報については、競馬ダービーと提携していたが、2010年以降2度の紙面統合を経て現在はケイバブックグループ(競馬ブック研究ニュース)と提携。このためネット新聞の販売は関東の他紙が使っている『e-SHINBUN』に加えて、ケイバブックの自社システムでも行っている。

福島支社における印刷業務の休止に伴い、福島県宮城県山形県岩手県の4県では、2018年のラジオNIKKEI賞並びにCBC賞当該週から福島競馬場ウインズ新白河を除く販売店における販売を休止した[1]

歴史編集

1961年(昭和36年)、ホースニュース・馬に在籍していた大川慶次郎が専門紙記者として初のパーフェクト予想を達成した。

これにより競馬新聞の売り上げは各紙軒並み上昇し、新たな参入機会を探る筋も現れるようになった。こうして翌1962年(昭和37年)、東京で創刊したのが本紙である。創刊には、後にダービーニュースの社長となる荒木由太郎が関与しており、ホースニュース馬から大川をヘッドハンティングし、看板評論家に据えた。しかし立馬社の社内事情は当初極めて悪く、翌1963年(昭和38年)、荒木と大川が記者の大半を引き連れてダービーニュースに移籍してしまい、早くも経営危機に陥る。

この時まだ27歳だった二宮徳明ら、立馬社に残ったスタッフによって何とか発行を継続したが、3年後の1966年(昭和41年)に再び立馬社内は分裂状態に陥り、竹國弘らのグループが1馬を創刊して独立するに至る。

1969年(昭和44年)、東京で繊維問屋を経営する一方商品先物相場師としても知られていた山崎憲一が資本参加し会長に就任する。これにより立馬社はようやく経営の安定を得た。山崎は他紙と比べて遅れていた放送系メディアへの解説者派遣にも乗り出し、ラジオ関東(現・ラジオ日本)『土曜競馬実況中継』スタートと同時に提供参加、二宮を送り込んだ。この動きを見た島崎龍五郎は、ダービーニュース副社長を辞して立馬社に復帰、社長として山崎を支えた。また、この時期には週刊誌『週刊勝馬』も発行していた。

1973年(昭和48年)競馬専門紙史上初の女性記者として鈴木みち子が入社するも、2年後の1975年(昭和50年)日刊ゲンダイの創刊に参加し移籍してしまう。

2006年(平成18年)、二宮が70歳を迎えたのをきっかけにラジオ解説を引退することになり、37年間続いたラジオ日本競馬実況中継の提供を降板するとともに解説者派遣を取りやめた。

2015年(平成27年)、島崎と二宮、山崎憲一が相次いで死去。山崎の長男の山崎哲二郎が社長を継ぎ、看板評論家には片野昌一と野口誠が就いて、身の丈に合った規模での経営を目指している。


主な所属人物編集

中央版編集

南関東公営版編集

過去編集

  • 大川慶次郎 - 中央版看板評論家。創刊直後の1年間だけ在籍し、ダービーニュースへ移籍。
  • 田島寛英 - 中央版トラックマン。ラジオ日本(土曜2部)実況席解説『返し馬診断』で知られる。
  • 二宮徳明 - 中央版看板評論家。創刊と同時に入社、ラジオ日本(土曜2部)メイン解説を歴任。2015年(平成27年)死去。
  • 高嶋弘行 - ホースニュース馬(中央・関東版)より移籍。
  • 古川幸弘 - 中央版トラックマン。ラジオ日本(土曜2部)パドック解説を長く務め、本紙の提供降板と同時に定年退社となるも競馬LABに移籍。2017年(平成29年)6月まで出演継続した。
  • 山崎憲一 - 前会長。1969年(昭和44年)当社に資本参加し代表取締役会長に就任。ジュリアナ東京の影のオーナー、仕手筋の大物としても活躍[2]。2015年(平成27年)死去。
  • 吉永みち子 - 中央版トラックマン。1973年(昭和48年)入社も2年で日刊ゲンダイ創刊に参加し移籍。1977年(昭和52年)吉永正人と結婚。1980年代以降はノンフィクション作家として活動する。

放送系メディアとの関係編集

勝馬はラジオ関東(現・ラジオ日本)が『競馬実況中継』の放送を土曜日に拡大した1969年(昭和44年)11月に出稿を始めて以来、同局との関係を維持してきたが、2006年(平成18年)12月限りで提供降板、解説者の派遣を中止した。これは二宮が70歳になり、評論家活動引退を決断した時期と重なる。『競馬実況中継』で勝馬が担当していた土曜2部の枠は、元1馬の清水成駿を中心に競馬LAB枠として再構築され、現在は水上学がメイン解説を務めている。

2019年現在、中央版からグリーンチャンネルに、また南関東公営版からは南関東地方競馬チャンネルに解説者が派遣されている。

脚注編集

外部リンク編集