街頭募金

募金から転送)

街頭募金(がいとうぼきん)とは、街頭で不特定多数の人々に対して現金の寄付を募ることである。

赤い羽根共同募金歳末たすけあいを含む)、海外たすけあいあしなが募金ユニセフの募金などが代表格。

概要編集

駅前商店街の片隅など人通りの多い場所で募金箱を持ちながら道行く人に寄付を募るのが街頭募金の光景である。その目的に応じて集められた寄付金が直接使われる場合もあれば、日本赤十字社のようなとりまとめ団体に送金される場合もある。

第二次世界大戦直後には、生活に困窮した傷痍軍人らが街頭募金を行う姿が見られるようになった。

このため1950年頃には、各都道府県単位で募金を制限する条例が制定される例が増えた[1]。2000年代以降の現在でも、街頭募金の場所・規模によって、所管の警察署に道路使用許可を得ることや自治体への事前届出が必要である場合がある。

東日本大震災後、被災者救済のための寄付を募る街頭募金があちこちで見られた。

特徴編集

街頭募金は相互扶助の1形態であり、行政的な福祉とは異なる市民的な性質をもっている。

また、結社組合を通じた組織的な扶助とも違い、その場にたまたま居合わせた人の善意に期待する活動であることも他に類を見ない特色となっている。

問題点編集

街頭募金においては募集団体と寄付者が一過的にしか接触しないケースが多く、せっかく寄付をしても使途をそのお金が本当に目的通りに使われたのか追跡できない場合もあり、悪質な場合には募金詐欺であることもある。

一方、特定の団体への寄付は一定額以上なら本来は「特定寄附金」とみなされ確定申告の際に所得控除(寄附控除)の対象となるが、街頭募金では寄付者の特定が不可能なことが多く、また募金額も少額であることが多く、主催団体も多種多様で、多くの場合特定寄付金の要件をみたさない。

日本の街頭募金活動編集

救世軍社会鍋や、中央共同募金会の赤い羽根共同募金など、毎年年末にキャンペーンを張り、風物詩となっている街頭募金活動が多く見られる。

以下のような「羽根」が活動のシンボルマークとなっているものが多く、寄付金をマークにちなんだ記念品の羽根と引き換える例となっていることがある。

一部地域で実施されている募金活動
  • 白い羽根募金:白い羽根の中心部に赤十字のシールが貼られた仕様で日本赤十字社が主催していた。現在は青少年赤十字協議会や地方支部が募金活動を行い、寄付金が日本赤十字社に送られる形で実施されている場所がある。
終了した募金活動

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「傷痍軍人、厚生省に押掛く」『日本経済新聞』昭和25年12月24日2面

外部リンク編集