勧修寺経興
時代 室町時代前期
生誕 応永3年(1396年
死没 永享9年3月24日1437年4月29日
改名 経興→経成
官位 従二位権中納言
主君 後小松天皇称光天皇後花園天皇
氏族 勧修寺家
父母 父:勧修寺経豊、母:四条隆冬の娘
兄弟 経興経直
教秀経熈阿野公煕
養子:経直
テンプレートを表示

勧修寺 経興(かじゅうじ つねおき)は、室町時代前期の公卿官位従二位権中納言勧修寺家5代当主。

経歴編集

応永3年(1396年)、権大納言勧修寺経豊の子として誕生。

応永27年(1420年)1月10日に参議に任ぜられる。武家伝奏を務めた。

永享9年(1437年)、薨去。

関連項目編集