メインメニューを開く
 
勧修寺経逸
Kajūji Tsunehaya.jpg
勧修寺経逸
時代 江戸時代中期-後期
生誕 寛延元年10月6日1748年10月27日
死没 文化2年9月16日1805年11月6日
官位 正二位権大納言内大臣
主君 桃園天皇後桜町天皇後桃園天皇光格天皇
氏族 勧修寺家
父母 父:勧修寺顕道、母:稲葉恒通の娘
養父:勧修寺敬明
兄弟 敬明経逸柳原紀光室、葉室頼熙
正室:飛鳥井雅重の娘
側室:池田数計子池田仲庸の娘)
良顕国豊為起婧子経睦正親町三条公則室、坊城俊明室、万里小路建房室、日野資愛の室、徳子高倉永雅室、平松時門室、安藤直則室、堀河康親
特記
事項
仁孝天皇の外祖父。
テンプレートを表示

勧修寺 経逸(かじゅうじ つねはや)は、江戸時代公家公卿)。仁孝天皇の外祖父。権大納言勧修寺顕道の次男。母は臼杵藩稲葉恒通の娘。兄権右中弁勧修寺敬明養子となる。正二位権大納言

堂上家(家格は名家藤原北家高藤流甘露寺支流)である勧修寺家の23代当主。

経歴編集

宝暦8年(1758年)叙爵、翌年元服。安永8年(1779年)5月4日、参議。安永9年(1780年)、従三位。寛政元年(1789年権大納言正二位となる。

婧子光格天皇典侍となり、寛政12年(1800年)に後の仁孝天皇を産んだため、経逸は天皇外戚となった。また、多くの有力公卿と縁組みし、本座宣下を受けた。

系譜編集

参考文献編集

  • 橋本政宣 編『公家事典』、吉川弘文館、2010年

関連項目編集