包蘭線(ほうらんせん)は中華人民共和国国鉄鉄道路線内モンゴル自治区包頭市甘粛省蘭州市を連絡する。全長は990km

China Railways.svg 包蘭線
桑園峡黄河鉄道大橋
桑園峡黄河鉄道大橋
基本情報
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
所在地 内モンゴル自治区
寧夏回族自治区甘粛省
種類 幹線Ⅰ級・客貨共用
起点 蘭州駅
終点 包頭駅
所有者 中華人民共和国交通運輸部
運営者 包頭~恵農:フフホト鉄路局
恵農~蘭州:蘭州鉄路局
路線諸元
路線距離 990 km
軌間 1,435 mm (標準軌)
線路数 銀川南~黄羊湾:単線
その他:複線
電化方式 25kV交流
閉塞方式 自動閉塞
最高速度 120km/h
テンプレートを表示
包蘭線
各種表記
繁体字 包蘭鐵路
簡体字 包兰铁路
拼音 Bāolán Tiělù
発音: バオラン ティエルー
英文 Baolan Railway
テンプレートを表示

概要編集

京包線の西への延長路線として建設された。京包線と併せて隴海線同様に東西を結ぶ重要幹線である。包頭からほぼ黄河に沿って走り、恵農から寧夏回族自治区に入り、銀川市を経由して干塘を超えて甘粛省に入り蘭州に至る。宝中線と併せ、寧夏回族自治区の動脈である。中衛から干塘にかけてはトングリ砂漠の辺縁を通り、中国で初めての砂漠を走る鉄道となった。様々な防砂、治砂処置に対して、1987年に中国国家科学技術進歩特等賞を受賞した。包頭~恵農間と中衛~干塘間が複線である[1]。残る区間も複線化し、更に高速化する計画がある[2]。起点から423.0km(落石灘~恵農間)までがフフホト鉄路局、そこから終点までが蘭州鉄路局に属している[3]

歴史編集

接続路線編集

主要駅一覧編集

包頭 - ウラド前旗 - 五原 - 臨河 - バヤンゴル - 烏海 - 烏海西 - 恵農 - 石嘴山 - 平羅 - 銀川 - 青銅峡 - 中寧 - 中衛 - 干塘 - 景泰 - 白銀西 - 皋蘭 - 蘭州

出典編集

外部リンク編集