メインメニューを開く
中華思想の世界観

化外の地(けがいのち、化外之地)とは、中華文明に於いて文明の外の地方を表す用語。中華思想では、中国権力法律が行き届いていない地方のことをいい、またその地方に住む民族を「蛮族」と呼んだ。中国の古代では、中原から遠く中華文化の影響が薄かった台湾海南新疆などのことを呼んだ。また、小中華思想のあった朝鮮ベトナムなどでは、中国文明の行き届かない地域をもそう呼び、中原からはるか遠くの占城真臘の外の地域や、北方遊牧民満州族)が立てた王朝を化外の地と見做し、朝鮮王朝の滅亡後に興隆したを蛮夷とみなしていた。

化外の民の使用例編集

  • 宮古島島民遭難事件によると、日本政府は、日本人を殺害したこの事件に対し清朝に厳重に抗議したが、台湾の原住民は「化外の民」(国家統治の及ばない者)であるという清朝からの返事があり、これにより、日本政府は1874年明治7年)、台湾出兵を行った。

関連項目編集