化学工業日報(かがくこうぎょうにっぽう、英語:The Chemical Daily)は、日本の日刊専門紙化工日(かこうにち)や化日(かにち)とも呼ばれる。

化学工業日報
種類 日刊紙
サイズ ブランケット版

事業者 化学工業日報社
本社 東京
代表者 代表取締役社長 織田島 修
創刊 1937年2月21日
前身 東京薬品日報
言語 日本語
価格 月極 10,952円
発行数 約13万部
ウェブサイト http://www.chemicaldaily.co.jp/
株式会社 化学工業日報社
The Chemical Daily Co., Ltd.
本社所在地 日本の旗 日本
〒103-8485
東京都中央区日本橋浜町3-16-8
事業内容 新聞・出版・情報
設立 1936年(昭和11年)10月1日
業種 情報・通信業
資本金 3億3,315万円
従業員数 160名(2015年4月1日現在)
主要株主 化学メーカー・商社など295社
主要子会社 株式会社日報化学品法規情報センター
有限会社日報発送サービス
テンプレートを表示

1937年(昭和12年)、東京薬品日報として創刊し、80年以上の歴史を持つ業界唯一の日刊紙。発行元の化学工業日報社は、大手化学メーカー総合商社をはじめ300社近い民間企業の共同出資を受けており、独立した報道機関としては珍しい体制を取っている[1]

概要編集

化学工業関連の企業やマーケット、官公庁、大学・研究機関を取材した記事を掲載。狭義の化学工業にとどまらず、環境・エネルギーや医薬品・ライフサイエンス、情報通信・エレクトロニクス、機械・プラントエンジニアリングといった幅広い領域をカバーしている。

専門紙としては数少ない独自の社説を持っているのも特徴で、国際面ではアジア地域を中心に海外支局の特派員が取材した経済情報を読むことができる。通常はブランケット判12面で構成。

化学工業日報社は、新聞発行や書籍出版のほかに、展示会(ケミカルマテリアル Japan)やセミナー、シンポジウム、講演会、コンクールを開催している[2]日本専門新聞協会に加盟しており、専門紙の規模としては日本農業新聞日本新聞協会加盟)に次ぐポジションで、産業紙の日経産業新聞日刊工業新聞とも競合する。

化学工業日報社の主な刊行物等編集

  • 化学工業日報 (日刊、土日・祝日は休刊)
  • Japan Chemical Daily(英字の化学専門Webサイト、毎日更新)
  • 化学工業白書、化学商品録、化学工業会社録(年1回発行)
  • その他、化学工業に関係する書籍

国内外の拠点編集

「ケミカル会」という業界団体をシンガポール上海で運営し、海外化学産業の情報収集や日系化学企業のネットワークを行っている[3]

沿革編集

主要株主編集

脚注編集

  1. ^ 会社概要 | 化学工業日報”. 2020年5月3日閲覧。
  2. ^ 化学工業日報 セミナー・展示会・視察団”. 2017年4月7日閲覧。
  3. ^ 化学工業日報社 4月にバンコク支局開設 (PDF)” (2015年3月20日). 2017年4月7日閲覧。

外部リンク編集