化粧料(けしょうりょう/けわいりやう)は江戸時代に女性が嫁ぐ際に取り交わされた持参金や土地・権利。または中世に女性が生前に許された相続財産。 明治に下ると上流階級の子女が嫁いだ後の、実家からの小遣いを意味した。例としては鍋島家から梨本宮に上がった伊都子に父・直大から月50円(当時の首相の俸給より高額)が送られていた。

関連項目編集