メインメニューを開く

北ホテル』(きたホテル)は、2003年から2005年まで日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」で放送されたテレビドラマシリーズ。全4回。主演は古谷一行

北ホテル
ジャンル テレビドラマ
脚本 深沢正樹
いずみ玲
尾崎将也
監督 雨宮望
山本厚
松島哲也
出演者 古谷一行
有森也実
深水三章
垣内彩未
プロデューサー 前田伸一郎
角田昇
伊東雅子
大野哲哉
制作 日本テレビ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
幻の女
(火曜サスペンス劇場)
オープニング オープニングテーマを参照
エンディング 安全地帯出逢い
放送期間 2003年2月11日
放送時間 火曜 21:03 - 22:54
放送枠 火曜サスペンス劇場
放送分 111分
回数 1
火曜サスペンス劇場
北ホテル
(火曜サスペンス劇場)
オープニング オープニングテーマを参照
エンディング 主題歌を参照
放送期間 2004年5月25日 - 2005年3月8日
放送時間 火曜 21:03 - 22:54
放送枠 火曜サスペンス劇場
放送分 111分
回数 3
火曜サスペンス劇場
テンプレートを表示

本項目では、事実上の同シリーズとしての作品である『幻の女』(第0作)も含めて、取り扱うものとする。

目次

キャスト編集

レギュラー編集

沢地慎吾
演 - 古谷一行
北海道小樽市忍路にある小さなホテル「北ホテル」の雇われ支配人。元警視庁刑事。沢地は刑事時代に都内で発生した営利誘拐事件で入江徳市を射殺する。入江が真犯人に身代金を受け取って来るよう指示されただけだったことが判明し責任を感じて辞職する。8年前、後妻の礼子と娘の真実を連れて小樽市に移住する。1年半前、礼子は男を作り家を出て行く。
片山薫
演 - 有森也実(第1作 - 第3作)
沢地と親しい診療所の医師。
多田
演 - 深水三章(第1作 - 第3作)
小樽警察署の刑事。
沢地真実
演 - 垣内彩未
沢地の娘。真実の実母は、真実が3歳の時に死亡。

ゲスト編集

◆(北ホテルの宿泊客)

第0作「幻の女」(2003年)
第1作「小樽の海に潜む老夫婦が震えた 船火事と焦げた腕時計」(2004年)
第2作「小樽の海が見た喪服の女の嘘」(2004年)
第3作「吹雪の原野が知るリストラに泣いた家族の転落人生!雪崩で閉じ込められた山荘の殺人劇」(2005年)
  • 近藤孝志(丸屋デパート 従業員・本名「安岡真一」) - 大沢樹生
  • 沢本愛子(川村の愛人) - 細川ふみえ
  • 今井(小樽警察署 刑事) - 四方堂亘
  • 和田弘志(本名「川村」) - 本宮泰風
  • 田島俊也(木製おもちゃの職人・冴子の夫・数年前病死) - 乃木涼介
  • 丸山亮介(丸山の孫・5歳) - 吉川史樹[6]
  • 加藤(運転手) - 古賀天馬[7]
  • 丸山春美(丸山の妻) - 田島令子
  • 丸山誠治 - 西田健
  • 野村洋介(調査会社の調査員) - 京本政樹(友情出演) ◆
  • 近藤杏子(近藤の妻・本名「田島冴子」) - 中山忍[8]

スタッフ編集

  • 企画 - 酒井浩至
  • 脚本 - 深沢正樹(第0作)、いずみ玲(第1作・第2作)、尾崎将也(第3作)
  • 音楽 - 糸川玲子
  • 監督 - 雨宮望(第0作)、山本厚(第1作・第2作)、松島哲也(第3作)
  • チーフプロデューサー - 増田一穂(第0作)、梅原幹(第1作)
  • プロデューサー - 前田伸一郎、角田昇(第1作 - 第3作)、伊東雅子(第1作 - 第3作)、大野哲哉(第2作・第3作)
  • 制作 - 日本テレビ

放送日程編集

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
0 2003年2月11日 幻の女
吹雪の小樽に消えた赤いハイヒールの女の悲しい子守唄
木彫りの仏像に込めた贖罪の10年間
深沢正樹 雨宮望
1 2004年5月25日 小樽の海に潜む老夫婦が震えた 船火事と焦げた腕時計 いずみ玲 山本厚
2 9月14日 小樽の海が見た喪服の女の嘘
3 2005年3月08日 吹雪の原野が知るリストラに泣いた家族の転落人生!雪崩で閉じ込められた山荘の殺人劇 尾崎将也 松島哲也

脚注編集

  1. ^ プロフィール - サンミュージックブレーン(アーカイブ)
  2. ^ プロフィール - 夢工房(アーカイブ)
  3. ^ Works - 中島妙子オフィシャルサイト
  4. ^ プロフィール - キャストパワー
  5. ^ プロフィール - ウェスタ
  6. ^ プロフィール - NEWSエンターテインメント(アーカイブ)
  7. ^ プロフィール - 古賀テンマ オフィシャルサイト(アーカイブ)
  8. ^ TV - 中山忍 オフィシャルサイト

外部リンク編集