北九州マラソン

北九州マラソン(きたきゅうしゅうマラソン、Kitakyushu Marathon)は、福岡県北九州市で市制50周年を記念して2014年から行われている大規模な市民参加型マラソン大会である。

目次

概要編集

2013年2月10日に発足50周年を迎えた北九州市は、北九州市制50周年記念事業として様々な行事を約1年間にわたり展開。一連の行事の最後を飾るものとして企画された。

当初は1回限りの予定であったが、総計で約1万人の出場枠に2倍以上の応募者があったことなどで、「続けてほしい」という声も多かった。このため大会委員長でもある北橋健治市長は、大会終了後に継続開催に向けた検討を行うよう関係部署に指示[1]。2015年以降も継続されている。当初は2月上旬の開催であったが、気候的に寒すぎたため参加者からの要望を受けて、第3回以降は熊本城マラソンと同じ日に開催するようになっている。

フルマラソンの定員は1万人に設定され、その2割は北九州市民優先枠と位置づけられた。ハーフマラソンと駅伝を組み合わせたペアリレーマラソンが100組200人、3km又は5km(どちらを走るかは当日選択可能)を走るファンランが1,000人、それぞれ枠設定された。

日本陸上競技連盟に公認されたマラソンコースには当初若松区をコースに加えることも検討されたものの、交通動脈である若戸トンネル若戸大橋を長時間封鎖することで市民生活や経済活動に影響が出る懸念があったため断念した。代わりとして、ニューイヤー駅伝の九州予選である毎日駅伝が、2016年から若松区内回遊コースに変更されている[注 1]

フルマラソン・ペアリレーマラソンは9時スタートで、制限時間は6時間。ファンランはマラソンゴールとなる国際会議場前を発着場所とし、10時スタートで制限時間45分。

第1回大会ではマラソン終了後、表彰式を兼ねて一連の市制50周年行事を締め括るイベントが行われ、市制100周年にあたる2063年に向けて2,063個の風船を空に放った。

マラソンの運営は北九州市の“生みの親”ともいえる毎日新聞西部本社RKB毎日放送が中心的な役割を担う[注 2]

大会運営編集

  • 主催:北九州市・一般財団法人福岡陸上競技協会
  • 主管:北九州マラソン実行委員会
  • 企画・運営:RKB毎日放送、毎日新聞社、にしけい
  • 運営協力:一般財団法人北九州市陸上競技協会

コース編集

  • フルマラソン: 北九州市役所前(スタート) → 八幡製鐵所東田第一高炉跡 → スペースワールド小倉北区東港(折り返し) → 西日本総合展示場 → 門司赤煉瓦プレイス → 門司港ロータリー → 門司港岸壁(折り返し) → 北九州国際会議場前(ゴール)
  • ペアリレーマラソン:フルマラソンと同じコースで、西日本総合展示場(スタートより20.1km)で中継
  • ファンラン5km: 北九州国際会議場(スタート) → 延命寺臨海公園(折り返し) → 北九州国際会議場(ゴール)
  • ファンラン3km: 5kmのコースのを途中で折り返し

優勝者編集

回数 開催日 男子の部 女子の部
氏名 所属 記録 氏名 所属 記録
1 2014年2月9日 立石慎士 安川電機 2時間17分42秒 矢野由佳 キヤノンアスリートクラブ九州 2時間31分02秒
2 2015年2月8日 山中孝一郎 東京陸協 2時間29分41秒 俵 千香 福岡陸協 2時間51分11秒
3[3] 2016年2月21日 真壁剛 黒崎播磨 2時間23分04秒 柿本未来 2時間49分20秒
4 2017年2月19日 塚本秀志 黒崎播磨 2時間22分31秒 今田麻里絵 SMS-AC 2時間38分51秒
5[4] 2018年2月18日 川内優輝 埼玉県庁 2時間11分46秒 リンダー・ジャンタチット   タイ 2時間49分56秒

運営結果編集

フルマラソン ペアリレーマラソン ファンラン 合計 沿道応援人数
3[5] 8,790 (90.1%) / 9,757 220 (97.3%) / 226 1,087 10,097 (91.2%) / 11,070 24万人
4[6] 9,434 (89.5%) / 10,537 312 (97.5%) / 320 1,077 10,823 (90.7%) / 11,934
完走者 (%) / 出走者 ※ファンランは受付数

テレビ中継編集

RKB毎日放送にて生中継。第1回は午後の12:58 - 15:24に放送、第2回からは午前の部も加わり10:30 - 11:30と12:57 - 14:24の放送。また第1回より午後の部はBS-TBSで同時放送。

外部リンク編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ スタート・ゴールはギラヴァンツ北九州が2016年まで本拠とした本城陸上競技場だが、若松区との境に近い場所にある。
  2. ^ なお、福岡シティマラソン並びに実質後継の福岡マラソン九州朝日放送が特別後援。
  3. ^ 熊本城マラソンも同じプログラムによるIAAF公認大会となっている。

出典編集

  1. ^ “北九州マラソン、1万人快走”. 読売新聞 西部版 (YOMIURI ONLINE 九州発(読売西部本社)). (2014年2月10日). http://kyushu.yomiuri.co.jp/news/national/20140210-OYS1T00228.htm 2014年2月14日閲覧。 
  2. ^ List of Certified Marathon Courses in 2017 As at 8 March 2017 (PDF)” (英語). 国際陸上競技連盟 (2017年3月8日). 2018年2月4日閲覧。
  3. ^ 1万97人完走 真壁剛と柿本未来V 毎日新聞 2016年2月21日
  4. ^ “北九州マラソン 川内優輝が大会新でV”. 毎日新聞. (2018年2月18日). https://mainichi.jp/articles/20180219/k00/00m/050/059000c 2018年2月18日閲覧。 
  5. ^ 【速報】大会運営結果について北九州マラソン組織委員会 2016年2月21日
  6. ^ 【速報】大会運営結果について北九州マラソン組織委員会 2017年2月19日