北九州市旧大阪商船

北九州市旧大阪商船(きたきゅうしゅうし きゅうおおさかしょうせん)は福岡県北九州市門司区港町にある歴史的建造物。国の登録有形文化財に登録されている。

北九州市旧大阪商船
Former Osaka Shosen Moji Branch Office 2008.jpg
情報
設計者 河合幾次
建築主 大阪商船
事業主体 北九州市
管理運営 B&A門司港(指定管理者
構造形式 木造・一部コンクリート造
建築面積 670 m²
階数 地上2階
竣工 1917年
所在地 801-0852
福岡県北九州市門司区港町7番18号
座標 北緯33度56分46.1秒 東経130度57分43.9秒 / 北緯33.946139度 東経130.962194度 / 33.946139; 130.962194座標: 北緯33度56分46.1秒 東経130度57分43.9秒 / 北緯33.946139度 東経130.962194度 / 33.946139; 130.962194
文化財指定 登録有形文化財
指定日 1999年7月19日
テンプレートを表示
現在も残されている「大阪商船三井船舶株式会社門司支店」のプレート

目次

概要編集

大阪商船の門司支店として、1917年(大正6年)建設された。1964年(昭和39年)大阪商船と三井船舶の合併後は、商船三井ビルと呼ばれ、1991年まで使用された。その後、北九州市が買い取り、1999年(平成11年)7月19日登録有形文化財に登録された。また、2007年(平成19年)11月30日には、近代化産業遺産(北九州炭鉱 - 筑豊炭田からの石炭輸送・貿易関連遺産)に認定された。

八角形が特徴である。なお、建設当時は、北側は海に面し、専用桟橋から直接乗船可能であった。現在1階は海峡ロマンホール、2階は「わたせせいぞうと海のギャラリー」、海事資料館、地元芸術家の作品を展示販売する門司港アート村のギャラリー「港のマチエール」がある。

2015年平成27年)4月から2016年(平成28年)秋まで、2階のスペースにおいて出光美術館の仮営業を行っていた(同じ門司港地区にある同美術館の改装工事に伴う一時移転)。

周辺施設編集

交通編集

関連項目編集

外部リンク編集