メインメニューを開く

北九州市立皿倉小学校(きたきゅうしゅうしりつ さらくらしょうがっこう)は、福岡県北九州市八幡東区尾倉一丁目にある公立小学校。旧・平原小学校(ひらばる)、尾倉小学校(おぐら)、天神小学校(てんじん)の三校統合によって誕生した。

北九州市立皿倉小学校
Sarakura elementary school.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 北九州市
設立年月日 1993年4月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 805-0059
福岡県北九州市八幡東区尾倉一丁目15番1号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

2007年度の職員数41名、児童数507名。

目次

沿革編集

  • 1993年(平成5年)4月1日 - 平原小学校、尾倉小学校、天神小学校の三校統合が決定。北九州市立尾倉小学校が皿倉小学校尾倉校に、同・天神小学校が皿倉小学校天神校に、それぞれ変更される(分校扱い)。
  • 1995年(平成7年)4月1日 - 皿倉小学校尾倉校、皿倉小学校天神校を統合し、平原小学校跡地に皿倉小学校が設立される。尾倉小学校の跡地にはCCA北九州等が建っている。

校長自殺事件編集

2006年(平成18年)9月26日、5年生の女児の保護者が、娘が6年生から「2万円渡すように」と要求されていると相談したため学校は調査した。しかし児童同士の言い分に食い違いがあったため事実確認を続けた。この最中、11月11日に同校に通う小学生の女児が同級生から十数万円を恐喝し、更にその同級生が上級生に恐喝され数万円を渡していたことが報道される。学校側は北九州市教育委員会に報告していなかったと被害者の母親が証言した。ただし、当の市教委も母親が10月6日に連絡していたにもかかわらず対応していなかった。

学校側の対応について学校側が記者会見で陳謝し、校長は手を震わせながら「いじめと報告しなかったのは私の怠惰」と謝った。この翌日の12日午前7時頃、同校に赴任していた校長が学校から出て行ったきり戻ってこず、午後3時頃首を吊っているのが発見された。遺書は無かったが自殺とみられた。

校長は「どちら(被害者・加害者双方)もうちの学校のかわいい子ども」と述べていた。この自殺を受け北九州市の教育関係者の間からはメディアに対する批判が起こった。「いじめ隠し」と報道した件に関し、いじめ隠しではなかったと声があがった。一つの根拠は、この問題は金銭トラブルという難しい問題であり、プライバシーの関係上児童に関して公開できる情報は限られており、それを「いじめ隠し」と呼ぶのは見当はずれというものである。もう一つはそもそも調査しており、決して取り組みを怠っているわけではないというものである。

北九州市教育委員会は13日、この事件を市議会環境教育委員会に報告した。市議からは(問題を学校側にまかせ放置していた)市教委が学校現場をもっと支援すべきだったなどの意見が相次いだ。

当時は福岡中2いじめ自殺事件以後の報道のあおりでメディアはいじめの報道が目立っていたが、そのあおりを受けた報道と教育現場の現状との間で板挟みとなってしまい起こってしまった悲劇に関しては、ローカル誌はもとより11月20日NEWS23でも少し触れられた。

学校行事編集

  • 4月 入学式、交通安全教室(1年)、子ども読書の日
  • 5月 歓迎集会・遠足、 社会見学(4年)、運動会
  • 6月 皿倉山登山(総合・3年)、 天文学習(4年)
  • 7月 社会見学(5年)
  • 8月 夏休み
  • 9月 校内夏休み作品展、自然教室(5年)、修学旅行(6年)
  • 10月 環境体験教室(4年)、陸上記録会(6年)
  • 11月 連合音楽会、 社会見学(3年)
  • 12月
  • 1月
  • 2月 中学校入学説明会、 皿倉小入学説明会
  • 3月 おわかれ集会、卒業式、修了式

進学先中学校編集

交通編集

鉄道編集

バス編集

  • 西鉄バス「皿倉小学校」「尾倉町」バス停留所

周辺施設編集

関連項目編集

外部リンク編集