メインメニューを開く

北九鞍手夢大橋(きたきゅうくらてゆめおおはし)は、福岡県北九州市八幡西区と同県鞍手郡鞍手町の境界部の遠賀川に架かる道路橋である。

北九鞍手夢大橋
Kitakyu-kurate-yumeoohasi.jpg
基本情報
日本の旗 日本
所在地 福岡県北九州市鞍手町
交差物件 遠賀川
路線名 福岡県道73号直方水巻線
竣工 2015年3月[1]
開通 2015年3月29日
座標 北緯33度47分53.9秒 東経130度42分21.6秒 / 北緯33.798306度 東経130.706000度 / 33.798306; 130.706000座標: 北緯33度47分53.9秒 東経130度42分21.6秒 / 北緯33.798306度 東経130.706000度 / 33.798306; 130.706000
構造諸元
形式 PC5径間連続箱桁橋[2]
全長 357.0 m
14.0 m
地図
北九鞍手夢大橋の位置(福岡県内)
北九鞍手夢大橋
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
福岡県道73号標識

目次

概要編集

  • 全長…357.0 m
  • 幅員…14.0 m(車道部6.0 m、歩道部3.5 m×2)[3]

福岡県道73号直方水巻線を通す橋梁であり[2]、東詰は八幡西区大字楠橋に、西詰は鞍手町小牧字今村に位置する。橋の名称は2014年9月1日から同30日にかけて行われた公募を基に決定され、鞍手町と北九州市よりそれぞれ3つに絞られた候補の中から「北九鞍手夢大橋」と命名された[4]。2015年3月29日渡り初め式の式典が開催され、山﨑福岡県副知事、北橋北九州市長、德島鞍手町長らが列席する中テープカットが執り行われ、記念撮影や、橋の渡り初めなどが参加者全員で行なわれた[5]。橋は同日14時から一般供用が開始された[5]

本橋梁の開通により、北九州市と鞍手町を陸路で直接行き来することが可能となった。北九州市と鞍手町の境界は全体が遠賀川となっており、これまで境界部に架かる橋がなかったため、陸路で他市を経由せずに直接行き来することは不可能であった。また、一般道で一本上流側(南側)に架かる中島橋(北九州市八幡西区木屋瀬 - 直方市植木)や一本下流側(北側)に架かる遠賀橋(中間市垣生)の周辺では、慢性的な交通混雑が発生しており、それを解消することが期待されている[3]

周辺施設編集

鞍手町側
北九州市側
  • 福岡県道73号直方水巻線
  • 笹尾川排水機場
  • 笹尾川公園グランド
  • 唐熊公園・唐熊集会所

ギャラリー編集

隣の橋編集

(上流) - 山陽新幹線橋梁 - 北九鞍手夢大橋 - 遠賀橋 - (下流)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成27年度遠賀川学識者懇談会 (PDF) p. 4 - 国土交通省九州地方整備局 遠賀川河川事務所、2018年4月7日閲覧。
  2. ^ a b (5) 主要地方道 直方水巻線 北九鞍手夢大橋 - 一般社団法人九州地方計画協会、2016年3月、2018年4月6日閲覧。
  3. ^ a b “遠賀川に架かる「北九鞍手夢大橋(きたきゅうくらてゆめおおはし)」が開通しました!” (プレスリリース), 福岡県直方県土整備事務所, (2018年2月14日), http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/yumeoohashi.html 2018年4月6日閲覧。 図が参考になればと。
  4. ^ 広報くらて 平成27年2月号 No.662”. 鞍手町. p. 19 (2015年2月). 2018年4月6日閲覧。
  5. ^ a b 広報くらて 平成27年5月号 No.665”. 鞍手町. p. 5 (2015年5月). 2018年4月7日閲覧。