メインメニューを開く

北京展覧館(ペキンてんらんかん)は中華人民共和国北京市海淀区西直門に位置する展示場。当時の友好国であったソビエト連邦の技術的援助を受け、1953年10月に着工、翌年の1954年9月に竣工した。劇場等を併設しており、展示会やコンサート等、各種イベントが開催されている。

北京展覧館
Beijing Exhibition Center (20180130133602).jpg
北京展覧館
各種表記
繁体字 北京展覽館
簡体字 北京展览馆
拼音 Bĕijīng ZhănlănGuăn
注音符号 ㄅㄟˇ ㄐ|ㄥ ㄓㄢˇ ㄌㄢˇ ㄍㄨㄢˇ
発音: ペイチン チャンランクワン
英文 Beijing Exhibition Centre
テンプレートを表示

目次

建築編集

 
モスクワ·レストラン
  • 延床面積は50,400m2。内部には総面積22,000m2、12の展示ホールをもち、他に10,000m2の野外展示場もある。
  • 全体的な建築様式としては、中央に尖塔を頂き、強い左右対称形をもつスターリン様式であるものの、外装は淡いベージュで、尖塔や内部のシャンデリア等には繊細な装飾が施された優美な意匠をもつ。
  • 設計はソ連の建築家が行ったが、中国現地の対応は建築工業部建築設計研究院(現在の中国建築設計研究院)の戴念慈、毛梓尭、周永源が担当した。
  • 同時期にソビエト連邦の援助を受けた建物に上海上海展覧センターがある。
  • オープン時はソ連の芸術と文化を展示するための施設であり、建物名は「ソ連展覧館」であったが、後に周恩来によって現在の名前へと改名された。
  • 揮毫毛沢東によるもの。また、オープン時のテープ・カットは周恩来が出席して行われた。
  • 敷地内には、北側に劇場「北展劇場」、西側にロシア料理レストラン「モスクワ餐庁」、東側にホテル「北展賓館」を併設している。
  • 2000年に2億人民元を投じて改修された。

その他編集

アクセス編集

北京地下鉄2号線 西直門駅下車。

関連項目編集

外部リンク編集