メインメニューを開く
日本の道路 > 一般国道 > 国道464号 > 北千葉道路

北千葉道路(きたちばどうろ)は、千葉県市川市から同県成田市を結ぶ延長約45キロメートル(km)の一般国道464号のバイパスである。1994年12月16日地域高規格道路の候補路線に指定された。起点側の約15 kmについて、2018年1月から環境影響評価の手続きが開始された。

一般国道
国道464号標識
北千葉道路
国道464号バイパス
起点 千葉県市川市
終点 千葉県成田市
接続する
主な道路
記法
C3東京外環自動車道
国道16号標識国道16号
国道408号標識国道408号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
北千葉道路 (国道464号 バイパス)
千葉県印西市萩原

概説編集

千葉県東葛飾地域と千葉県成田地域を結ぶ重要な道路である。2001年8月28日に開かれた第3回都市再生本部第二次決定にて、「首都圏北部と成田空港間のアクセス時間を大幅に短縮する新たな道路アクセスルートとして、東京外かく環状道路の東側区間の早期整備と北千葉道路の計画の早期具体化」として、都市再生プロジェクトに位置づけられている。そのうち、印西市鎌苅北交差点 - 成田間は、延長約13.5 km(新規事業化)の4車線道路である。本道路は、地域高規格道路候補路線ではあるが、専用部の整備は未定となっており、一般部だけが供用、事業化されている。

現時点では、千葉ニュータウン内(鎌ケ谷市・鎌ケ谷消防署交差点から印西市・鎌苅北交差点)の一般部と印西市鎌苅北交差点から成田市押畑までが整備済となっており、鎌ケ谷市以西(市川市 - 鎌ケ谷市区間)および成田市押畑から成田市大山は未整備区間となっている。なお、印西市鎌苅北交差点から成田市の区間は成田高速鉄道アクセス成田スカイアクセス線)との一体的な整備が進められている。

  • 北千葉道路整備の効果
    • 千葉NT中央駅前 - 成田駅前間 現状:43分 整備後:25分に短縮される予定。
    • 柏市 - 成田空港間 現状:120分 整備後:90分に短縮される予定。

環境影響評価編集

市川市(東京外環道との接続点)から船橋市(国道16号との接続点)までの間について、2018年1月に計画段階環境配慮書[1]が公告縦覧された。これに基づき、環境大臣、千葉県および国交大臣の意見が2018年4月16日までに提出された[2]。道路のルート自体は、次項の「市川 - 鎌ケ谷間」の既に計画決定されている都市計画道路(ただし現在の計画幅員は40メートルであり、構造は平面構造)と同じであるが、北千葉道路の構造は、専用部と一般部から成る複断面の道路として計画されている[3]

2018年8月14日には環境評価方法書の公告縦覧が開始された[4]。そのあらましは8ページのパンフレットに示されている[5]

事業計画概要編集

東京外環自動車道北千葉ジャンクションJCT、仮称) - 鎌ヶ谷 - 国道16号までの区間(約15キロメートル)については、有料道路かつ自動車専用道路とすることが提案された[6]。構造的には、北千葉JCTから2キロメートルの区間は、外環との連続性を考慮して掘割構造又はトンネル構造とし、これ以東の区間7キロメートルについては高架構造となる[7][3]。そのルートは、通過する市において既に都市計画決定されている道路(ただし、幅員40メートルの一般道路)をそのまま踏襲している[8]。ただし、新しい幅員とその構成は方法書においては示されておらず、代表的な断面図が模式的に示されているのみである[9]

区間別の概要は次のとおり。いずれも専用部は第1種第3級、設計速度毎時80キロメートルであり、一般部は第4種第1級、設計速度毎時60キロメートルである[10]

  • 北千葉JCT - 松戸市秋山付近(約2キロメートル):掘割構造又はトンネル構造・自動車専用道路・有料道路 + 一般道路(一般国道)
  • 松戸市秋山付近 - 鎌ケ谷(約7キロメートル):高架構造・自動車専用道路・有料道路 + 一般道路(一般国道)
  • 鎌ケ谷 - 国道16号(約6キロメートル):一般部は供用済み。専用部は、高架構造・自動車専用道路・有料道路。一般部と専用部との一体構造
  • 国道16号以東:一般部は供用済みである。専用部の整備手法などは未定である。

市川 - 鎌ケ谷編集

前項のとおり、北千葉道路(専用部4車線+一般部4車線)の位置は、下記の既存都市計画道路の位置と同一である。ただし、幅員は未定である。

  • 未整備区間(2018年現在)
    • 市川市においては3・1・4稲越国府台線、3・1・5大町線として都市計画決定済[11]。計画幅員は40メートル。
    • 松戸市においては3・1・3高塚新田線、3・1・4串崎新田線として都市計画決定済[12]。計画幅員は40メートル。
    • 鎌ヶ谷市においては3・1・1北千葉鎌ケ谷線として都市計画決定済[13]。計画幅員は40メートル。
  • 粟野バイパス区間
    • 1期区間(主要地方道船橋・我孫子線から市道4号線の0.8キロメートル)は、計画幅員60 - 63.5メートルのうち、12メートルのみを先行して事業中。
    • 2期区間(市道4号線から国道464号までの0.9キロメートル)は、計画幅員40 - 63.5メートルのうち、12メートルのみを先行して計画中。

鎌ケ谷 - 印西市鎌苅北交差点(千葉ニュータウン内)編集

  • 一般部(平面部)は整備済みである。
  • 成田空港へのアクセス道路整備の一環で、この区間のバイパス整備が進められている[14]鎌ケ谷市新鎌ケ谷 - 印西市鎌苅北交差点(千葉ニュータウンエリア)では本道路一般部、および北総線に並行している本道路専用部を建設。事業主体は都市再生機構であり、特定公共事業という形で整備する。
  • 2012年5月25日、白井市谷田から印西市の印西牧の原駅付近までの6.5キロメートルが開通。しかし、渋滞対策として整備されたバイパス道路がランプ付近を中心にかえって混雑を招き、開通1週間後には暫定的に区間途中にある草深ランプ閉鎖や側道部の車線引き直しなどの緊急対策を行う事態になった[15]
  • 2014年7月15日、印西市印西牧の原駅付近から印西市鎌苅までの掘割部4車線3.5キロメートルが開通。これに伴い、閉鎖されていた草深ランプの成田方面入り口に限って開放された。鎌ヶ谷方面出口については閉鎖を継続したが、後に改良工事を行い、開放された(この時ではない)。

印西市鎌苅北交差点 - 成田編集

  • 事業名:一般国道464号北千葉道路(印旛 - 成田)[16]
  • 事業が実施されるべき区域
    • 起点:千葉県印西市若萩地先
    • 終点:千葉県成田市大山地先
    • 主な経由地:印西市吉高地先、成田市北須賀地先、松崎地先、押畑地先
  • 事業の規模:延長約13.5キロメートル(印西市:約3.9キロメートル、成田市:約9.6キロメートル)
  • 車線数:4車線
  • 区分:第3種第1級
  • 道路構造令に基づく設計速度:毎時80キロメートル(一般道路として整備されるので、規制速度は千葉県公安委員会道路の実情を踏まえて決定する)
  • 道路構造の概要
    • 地上部:盛土、切土、橋梁
    • 地下部:開削トンネル
  • 工事計画概要
    • 地上構造が主体
    • 地上部:盛土工、切土工、橋梁工
    • 地下部:開削トンネル工
  • 全体事業費
    • 559億円
  • 計画交通量
    • 28,800台/日
  • 工事主体
    • 千葉県主体区間:印西市若萩から国道464号(成田市北須賀)間、4.2キロメートル、および国道408号(成田市押畑)から国道295号(成田市大山)間、約3.7キロメートル
    • 国土交通省主体区間:国道464号(成田市北須賀)から国道408号(成田市押畑)間、約5.6キロメートル

歴史編集

沿革編集

  • 1967年昭和42年):市川市(北千葉JCT) - 印西市(旧印旛村)間が都市計画決定。
  • 1993年平成5年)4月:松戸市 - 成田市間が一般国道464号に指定。
  • 1994年(平成6年):地域高規格道路の候補路線に指定。
  • 2005年(平成17年)12月27日:印西市(旧印旛村) - 成田市間が都市計画決定。
  • 2006年(平成18年)2月4日:一部区間(印西市若萩 - 成田市押畑)起工。
  • 2012年(平成24年)5月25日 - 一部開通。開通区間は白井市谷田地先 - 印西市印西牧の原駅付近(約6.5キロメートル)、及び印西市印旛日本医大駅付近(約0.8キロメートル)。
  • 2013年(平成25年)5月31日:成田市北須賀 - 成田市船形間(1.8キロメートル)暫定2車線開通[17]
  • 2014年(平成26年)7月15日:印西市印西牧の原駅付近 - 印西市鎌苅間(3.5キロメートル)掘削部4車線開通[18]
  • 2017年(平成29年)2月19日:一部開通(暫定2車線、完成4車線)。開通区間は印西市若萩地先 - 成田市北須賀地先(約4.2キロメートル)[19]
  • 2018年(平成30年)1月:環境影響評価の手続きが開始。1月に配慮書が公告縦覧され、8月14日に方法書が公告縦覧された[20]
  • 2019年(平成31年)3月3日 - 成田市船形 - 成田市押畑間(3.8キロメートル)暫定2車線開通[21]

北千葉道路連絡調整会議編集

千葉県道路協議会[6]のもとに国土交通省 / 千葉県 / 市川市 / 松戸市 / 鎌ヶ谷市から成る北千葉道路連絡調整会議が設けられている[22]

北千葉道路建設促進期成同盟編集

期成同盟構成団体
賛助会員

道路建設事務所編集

  • 千葉県北千葉道路建設事務所
    • 千葉県成田市赤坂二丁目1-14 ボンベルタ成田店 アネックスB棟3階

脚注編集

  1. ^ 一般国道464号 北千葉道路(市川市〜船橋市)計画段階環境配慮書(要約版) (PDF) 2018年1月、千葉県
  2. ^ 一般国道464号北千葉道路(市川市〜船橋市)(法対象事業) 2018年4月24日、千葉県環境生活部環境政策課環境影響評価・指導班
  3. ^ a b 正田拓也 (2016年12月21日). “外環道と成田を結ぶ「北千葉道路」の一部は有料道路で建設”. トラベル Watch (インプレス). https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1036273.html 
  4. ^ 一般国道464号北千葉道路(市川市〜船橋市)の環境影響評価方法書の縦覧及び公表のお知らせ 千葉県 県土整備部 都市整備局 都市計画課、2018年8月14日
  5. ^ 北千葉道路、環境影響評価方法書のあらまし 千葉県 県土整備部 都市整備局 都市計画課、2018年8月
  6. ^ a b 平成28年度 第1回 千葉県道路協議会の開催結果について”. 千葉県県土整備部道路計画課企画班/千葉県県土整備部道路計画課外環道・北千葉道路班 (2016年12月19日). 2017年1月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月17日閲覧。
  7. ^ 第3章 都市計画対象道路事業の目的及び内容(事業特性) 3-9ページ、千葉県 県土整備部 都市整備局 都市計画課、2018年8月14日
  8. ^ 北千葉道路、都市計画の概略の案 千葉県 県土整備部 都市整備局 都市計画課、2018年8月 赤線で示された帯の中心に、既存の都市計画道路の位置と幅員が薄く表示されている。
  9. ^ 第3章 都市計画対象道路事業の目的及び内容(事業特性) 3-10ページ、千葉県 県土整備部 都市整備局 都市計画課、2018年8月14日
  10. ^ 北千葉道路、環境影響評価書のあらまし ページ2、千葉県 県土整備部 都市整備局 都市計画課、2018年8月
  11. ^ 市川市都市計画図
  12. ^ 松戸市都市計画図(部分)図の中央を東西に貫いている赤色の2線
  13. ^ 鎌ケ谷市都市計画図 (PDF)
  14. ^ 千葉県の県土整備2009”. 千葉県県土整備部県土整備政策課政策室. 2016年7月24日閲覧。
  15. ^ “北千葉道路:渋滞解消のはずが… 6車線化、かえって混雑 本線ランプ一部閉鎖”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2012年6月2日) 
  16. ^ 一般国道464号北千葉道路(印旛〜成田)環境影響評価要約書”. 千葉県県土整備部道路整備課国道班 (2005年11月). 2017年3月17日閲覧。
  17. ^ “国道464号北千葉道路 成田市北須賀〜成田市船形間が開通します” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省関東地方整備局千葉国道事務所, (2013年5月14日), http://www.ktr.mlit.go.jp/chiba/pdf/13051401.pdf 2013年5月16日閲覧。 
  18. ^ “北千葉道路(千葉ニュータウン地区内)掘割部の開通について” (PDF) (プレスリリース), 千葉県県土整備部道路計画課, (2014年6月26日), https://www.pref.chiba.lg.jp/doukei/press/2014/documents/kitachiba-nt-kaituu.pdf 2016年7月24日閲覧。 
  19. ^ “(平成29年2月)国道464号 北千葉道路(印西市若萩〜成田市北須賀)が開通します!” (プレスリリース), 千葉県県土整備部道路整備課, (2016年12月22日), https://www.pref.chiba.lg.jp/dousei/press/2016/20170219kitachibadouro.html 2016年12月24日閲覧。 
  20. ^ 一般国道464号北千葉道路(市川市~船橋市)の環境影響評価方法書の縦覧及び公表のお知らせ 千葉県 県土整備部 都市整備局 都市計画課、2018年8月14日
  21. ^ 国道464号北千葉道路 成田市船形〜押畑 平成31年3月3日(日)に開通 (PDF)”. 国土交通省関東地方整備局 千葉国道事務所・千葉県県土整備部 (2019年1月29日). 2019年1月29日閲覧。
  22. ^ 第6回 北千葉道路連絡調整会議の開催結果について”. 千葉県県土整備部道路計画課外環道・北千葉道路班 (2016年12月19日). 2017年3月17日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集